プラグスーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「プラグスーツ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

プラグスーツ(Plug-suits)とは、肉体美を誇示するために開発されたコスチュームである。

起源[編集]

プラグスーツの起源は北朝鮮の民族衣装であると言われているが、実際は満州地方の民族衣装(いわゆるチャイナドレス)が北朝鮮で愛用されていただけの事なのであるが、そんな事はどうでもいい。一部の研究者はベトナムの民族衣装であるアオザイとの関連性を見出している。ともあれ、そのぴったりつやつやな外見に感銘を受け、しっとりさらさらな装着感に着想を得たNERVのスタッフが特殊戦闘服として開発したのがその起源である。後に戦争が終わり、戦闘服としての需要がなくなってからもプラグスーツはその美しさから女性用ファッションとして大きなお友達の絶大な支持を得たことによって生産が再開され、現在に至るのであった。

材質・構造[編集]

エロすぎるその鎖骨。

プラグスーツはその鑑賞的用途から、その材質にはユーザーの嗜好が最大限に考慮され、着心地や性能よりも外見を最優先として製作される傾向にある[不要出典]が、素材として多く注文を受けるのは以下の材質である(20XX年度、NERV調べ)。

ラバー(rubber)
無機質な光沢としなやかな装着感の調和が特徴であり、最もオーソドックスな素材として絶大な人気を誇っている。
レザー(leather)
やや硬質感があり、生体素材特有の鈍い光沢が玄人好みとされ、一部ファンから根強い人気を誇っている。
エナメル(enamel)
硬度が高く透き通った金属質の光沢はヘビーユーザーに相応しく、ごく一部マニアによって愛用されている。
ステルス(stealth)
バカには見えず、またバカにしか妄想できない特殊素材であり、声なき声の圧倒的大多数なる心の友たちによる人気は不滅である。

装着方法[編集]

装着方法(イメージ)。

プラグスーツはその新しい用途から、通り一遍の使用法に飽き飽きしたコアなユーザーによってさまざまな着せ方はもちろん、中でも脱がせ方にいたっては156のプレイがこれまでに編み出された。が、一般的な着せ方としては

  1. プラグスーツを開く。
  2. 中に女の子(男の子でも可)を入れる。
  3. プラグスーツを閉める(むしろ締める)。

プラグスーツの醍醐味は着せること、すなわち「締める」「締め上げる」ことに特化したものであり、プラグスーツを着せられる時、女の子の苦痛に歪む表情がエロい。パツパツに張りつめられた若い肉体がエロい。そして我慢しきれず、ふと漏れてしまう声とかその他いろいろがもうエロい。何もかもがエロすぎる。これが、男にプラグスーツを求めていない唯一にして最大の理由でもある。

「プラグスーツと包帯は 女の子に限るー!」
プラグスーツ について、泉こなた

耽美競技[編集]

さて、プラグスーツを装着した(させた)以上はそれを鑑賞し、また装着した当人も自分の肉体美を堪能しなくては話にならない。そんなフェチな男女のために開催されるナルシストの祭典、それこそがエクストリームスポーツとしても有名なコスプレであり、その世界最大の大会が東京国際展示場で開催されることは言うまでもない。が、日にちを間違えると同会場で繰り広げられるエクストリームスポーツであるコミックマーケットとダブルブッキング現象を起こしてしまい、オタクどもの盗撮によってその美しい肉体が視覚的に凌辱されてしまうので注意が必要である。

競技に参加する選手。自らの美しさに酔い痴れるくらいでなくては、最優秀賞など夢のまた夢なのである。

審査基準[編集]

この競技は通常2人または1人を1チーム(着せる方と着せられる方の2人が原則だが、1人で全てを行っても構わないし、例外として着せる方2人に着せられる方1人という3人チームの編成も許可されている)として行われ、「装着プレイ」「装着プレイ」「脱衣プレイ」の3段階に分かれた審査を経て、さらに1段階ごとに「声」「仕草」「からみ」という考査を経て得点が算出される。ちなみに2015年度の審査結果は以下の通りである。

  1. 渚カヲル(989点)
  2. 碇シンジ(917点)
  3. 真希波・マリ・イラストリアス(882点)
  4. 惣流・アスカ・ラングレー(803点)
  5. 綾波レイ(799点)

なお、この審査結果はあくまでも公明正大にして厳正なる審査をもってつけられた点数そして順位であり、決して審査委員長の個人的嗜好とか「そ、そういうのじゃないんだからねっ!」という事だけは、ここに明記しておく次第である。

裏ワザ[編集]

優勝した選手(右)。その陰には審査委員長(左)といろいろやりとりがあったのは言うまでもない

通常、この競技における参加チームは男×女の組み合わせ(女×男とは異なる)がオーソドックスだが、変わり種では男×男や女×女、あるいは男男×女や女女×男の組み合わせも少なくない。が、しかし審査委員の最も好む組み合わせは男男×男であり、逆に女女×女を好むマニアもいないことはないが、男男×男の組み合わせが最強であると言われており、毎回必ず上位入賞を果たしている。が、真の最強は男のソロであり、女のソロでは単なるストリップとして片づけられてしまうのは悲しい事実である。無論、男のソロプレイはシンプルであるが故に一切のごまかしが利かないため、真に実力を有するプレイヤーのみ栄光の座に昇り詰めることが可能なのである。

「やっぱりカヲル×シンジは鉄板よねっ!」
プラグスーツ について、審査委員

関連項目[編集]