プラネタリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
プラネタリウム(Planetalium)
一般特性
名称, 記号, 番号 プラネタリウム, Pt, 88
分類 金属
族, 周期 2, 7
密度 3.6 g/cm3
銀白色
原子特性
原子量 198 amu
原子半径 130 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
「プラネタリウムはいかがですか」
プラネタリウム について、ほしのゆめみ

プラネタリウム(Planetarium)とは、ネオ元素のひとつ。7周期2族で、元素番号は88。ネオ純金属類に入る。

概要[編集]

惑星(Planet)を構成する主要元素のひとつ。昼間でも時折輝いたりする。そのため、学芸員の解説のもとにそれを見ようとする物好きな人も多い。ドイッチェではこれを作っていることから、人工的にも融合可能なものである。

研究の歴史[編集]

ドイッチェのカール・ツァイスが1923年に初めて発見した。それ以後、世界中で認知されるようになった。とくに惑星研究者によって注目されている。

日本では1937年ヲサーカで初めて発見され、以後「五藤」というグループが研究を主導している。光を照射すると独特な性質が現れることから、惑星研究者と光学技術者による共同研究がさかんである。

同位体[編集]

じつは同位体にプラネタリウム89が存在し、放射性を持つ。このプラネタリウム89は共有結合によりプラネタリウムMaxを形成し、これをうまく使えば近距離の天体を自在に操ることができ、自信も超人的な寿命と生命力が得られる。しかし天然にはプラネタリウムMaxは形成されないので人工的に作るしかなく、錬金術により形成して力を得ようとしたものは多くはこの段階で多量の放射線を被曝することにより死亡。成功したのはもともととんでもない生命力を持つ細木数子だけだった。彼女はプラネタリウムMaxの力により占いやら六星占術やら六政戦術やらができるのである。

関連項目[編集]