プリキュア (化学工業)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

プリキュア(Precure)とは、主に有機化学工業において樹脂を熱処理にて硬化させる際に使用する前工程の総称である。

プリキュアとはなにか[編集]

キュア、もしくはキュアー(Cure)とは、英語で主に治療として使用されているが、化学の世界においては、熱硬化を意味する。そして、プリキュアとはその熱硬化する前の段階、Pre(前)+Cure(硬化)を意味する。

なお、熱を帯びると態度を硬化させるのは、多くの人間にも見られる現象である。そのため、人間関係をスムーズに動かすにはまず、態度を硬化させる前のプリキュアの状況をしっかりと考えないといけない。

もちろん、熱くすることを前提とする、プリキュアを持ち出す人間関係を、最初から持ってこないようにするほうが手っ取り早い。

プリキュア以外[編集]

同工程におけるプリキュア以外の工程として、段階的な工程を踏む場合はステップキュア、プリキュア以後の工程をポストキュアと呼ぶ。主に製品の完成は、もっとも熱を帯びつつ、安定するポストキュアの工程になるためプリキュアの段階では、熱の扱いが大変難しい上に危険すぎるため、とても製品と呼べたものではない。

そもそも、プリキュアなどという未発達の段階を製品視するなんて、工業的に見て大変問題であると言わざるをえない。

プリキュア関連[編集]

ガラス転移点
桂土を熱するとガラスになるのは古来から知られている。土をガラスにするために必要な温度がガラス転移点であり、プリキュアにおける最も重要な温度になる。すなわち、ガラス転移点にわずかに下回る温度で行われるキュアこそ、プリキュアに他ならない。この段階で、製品はわずかに硬化し始め、かつ、温度低下と共に元に戻ろうとする。
モノマー
プリキュアが発生するために必要なもの、それがモノマーである。これは分子構造が複雑化される前の段階であり、プリキュアを経てポリマーへと架橋される。
ポリマー
高分子の有機化合物の総称。重合体とも呼ばれる。モノマーが合体して生まれる。主な製品として、ナイロンやポリエチレン、たんぱく質などが挙げられる。
架橋
高分子化学において、ポリマー同士を連結させる作用、もしくはモノマーをポリマーへと成長させる作用である。

プリキュアの問題点その1[編集]

主に、半導体などの電子の世界で利用されることの多いプリキュアだが、その使用には様々な制約がつく。中でも、コンピューターの内部でICチップを基盤に接続する際にプリキュアを使用すると、高熱下において即座にその内容を変貌、故障の原因となることが分かっている。そのため、事前に強烈な熱を帯びる状況を鑑みて、間にエポキシ樹脂などを挟み込むことで、一定の熱から遠ざけることで内容の変貌と故障を避ける措置が取られている。

ただし、エポキシ樹脂でも避けられないほどの狂熱を帯びた状況では、プリキュアではもはやどうしようもないことが明らかであるため、プリキュアを捨てて、プリキュア以外の次の段階、次の工程で処理することが一般的である。そのため、工業製品を扱う際は、コントロールできないほどの熱をどう扱うか、もしくは熱をコントロールするための仕様を考えなければならない。

全ての大本がプリキュアのせいでぶっ壊れては目も当てられない

ポストキュア[編集]

プリキュアが狂熱でダメになった際に、ポストキュアを考えるのが一般的である。ようは、POST(次の)+CUREである。そもそも、製品として販売する以上、熱の扱いについて考慮しなければ、製品が壊れるのは当たり前である。そのため、プリキュアがダメになったら、熱を冷まそうとするか、もしくはより熱に強い製品を仕上げるかの2択に迫られるのは仕方がない。しかし、熱に強い製品を作り続けることはできない。これは、製品がもつ耐熱性の向上速度と、熱自体の向上速度があまりにもかけ離れすぎるためである。よって、プリキュアがダメになった際に次の製品を作るとしても、狂熱に壊れない製品を作る事は絶対にできない。

そのため、結局、製品開発者は、熱をコントロールするプリキュア製品をバージョンアップするのではなく、違う製品を開発する必要に迫られるわけである。

プリキュアの問題点その2[編集]

しかし、最近の半導体産業ではおいては、生産性重視、利益重視の観点から、むしろ短期間で熱を帯びさせ、硬化させることを目的に生産が行われることもある。つまり、プリキュアの工程で最終ということである。よい製品を新しく作るのではなく、既存の作品に手直しを咥え続けることは、密着性の悪化を招きやすい。

もちろん、このような事態は製品と顧客の密着性の悪化も招きやすい。そのため、いかにして狂熱をコントロールするかが、化学製品における重要な問題であることに違いない。

その他[編集]

なお、プリキュアという言葉を付けたものとして、2005年阪神ジュブナイルフィリーズ(GI)を勝利したテイエムプリキュアがいる。これは、馬主である竹園正繼がエイエム技研㈱の社長であったためと思われる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「プリキュア (化学工業)」の項目を執筆しています。