ヘル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヘル(ノルウェー語:Hell)とは、ノルウェー中部ノールトロンデラーグスチェールダル市に存在するである。人口はおよそ1400人。欧米を代表する観光名所、地名で知られ、「Go To Hell!」(ヘルに行こうぜ!)という言葉は、日本における「日光を見ずにけっこうというなかれ」やイタリアにおける「ナポリを見て死ね」といった、多くの観光フレーズの中でもトップクラスの知名度を誇っている。その名前の由来である、古代ノルド語「Hellir」(崖の洞窟)が意味するように、大変にリアス式海岸の美しい鄙びた地域である。

なお、大変に紛らわしい、ポーランドヘル(Hel)はポモージェ県の町であり、グダンスク湾に突き出たヘル半島がそのまま一つの行政区画となっている。こちらの語源はゲルマン語の人名ではないかと言われているが、正確なことはわかっていない。そのほかにも、アメリカケイマン諸島などに、地名としてヘルは存在するが、村や町といった行政区画としてのヘルはノルウェーのものが唯一となる。

歴史[編集]

ヘルの歴史は古く、およそ2000年前にキリストを裏切ったイスカリオテのユダユリウス・カエサルを裏切ったブルータスカシウスがヘルに行ったとされている。当時のヘルは北極圏に近いノルウェーでは珍しく、大変に暑かったため、3人そろって全身を焼いたといわれている。

海辺の村ならではの光景である。

そのほかにも、ヘルのマスコットである3本の首を持つ犬と戯れたり、帰ろうとする三人を、町の管理人である「ルチフェロさん」が引き止めたりするなど、大変に旅の風情にあふれた話が数多く残されている。

また、中世ヨーロッパの大旅行家であるダンテさんは特にヘル村にご執着で、こんな小さなヘルの町(大きさは約1.5平方キロ)も実は地下に九層にも分かれた巨大な空間があり、それぞれにおいてヘルを代表する観光名所があると、なんと一大旅行記を刊行。「神曲」と題されたその観光マップでは、ヘルの村はとことんまで美化され、ノルウェー名物氷の川から始まり、金を持ってない連中を櫂で押しのける渡し守や、冬の名物ブリザード、金貨の入った袋を使ったカジノレース。さらには、異教徒も区別せずに埋葬する観光地の心意気や、千数百年経ってもなお現在でもヘル村でバカンスを堪能する上記3人といった描写をこれでもかこれでもかと、まるで妄想の域にまで達したかのようにヨーロッパ中に宣伝。

これには住民も大爆笑

かくして、ノルウェーの片田舎であるヘル村は、ヨーロッパの歴史に残る観光名所としてその名を確立。2010年現在でも、ヘル村ではその名を記したポストカードを買う旅行客は後を絶たず、ヘルホテルに泊まり、ヘル駅を満喫するダンテの後継者達であふれている。

美女の話[編集]

また、もう一つ有名な昔話として、ギリシャから来たオルペウスさんがヘル村に住むことになった前の奥さん、エウリュディケを連れ出そうとする話がある。村を出るまで振り返らなかったらよりを戻してあげるとした前の奥さんとの約束を最後の最後で破ってしまって、結局そのままお別れになったという昔話は、手を変え品を変え、様々な形で各地に伝わっている。日本にもある。実際、ヘルの村は美人でも知られ、1990年には、なんと村娘のモナ・グルッド・ビットリックさんがミスユニバースの称号を獲得。ヘルから来た美の女王として、世界的に有名になっている。

ヘルブルースフェスティバル[編集]

ヘル村のもう一つの観光として、1992年から毎年9月にヘルブルースフェスティバルを開催していることが挙げられる。国の内外よりビッグネームが集まり、鄙びた村であるヘルに毎年秋、味わい深い大人の空間を作り出していたが、残念なことに2007年に音楽祭のイベント会社は数百万の負債を抱えて破産。ヘルの音楽祭の存続が危ぶまれる。けれども、その後も有志によって音楽祭は続けられており、2008年度以降も、ヘルに向けて続々と音楽家たちが集っている。なお、誤解しやすいこととして、スウェーデンのバンド「ヘル」はこのイベントとは関係ない。しかし、ロバート・ジョンソンだったら関係している。彼は世界中どこでも十字路でブルースを歌っている。

ヘルステーション[編集]

ヘル駅は1881年に建造された大変に歴史のある駅であり、1976年にはイギリスロンドンまで直通の電車を通すなど、大変に物量が多いことでも知られる。しかし、残念なことに1992年に無人化されている。これは、実際の物量と、目に見えない乗客の格差によるものである。宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」の登場人物「ジョバンニ」が降りそこね、「カムパネルラ」が降りたところで、ヘル駅の物量には加算されないのが悲しい話である。

なお、ヘル駅の壁にある看板には「Gods Expedition」(神々の遠征)と書かれている。お客様は神様だという意識が海外にも伝わっていることの証左である。

関連項目[編集]

ヘルに関する外部リンク[編集]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症日本語話者たちが不甲斐ないばかりに、ウィキペディア英語版の専門家気取りたちに「Hell, Norway」の項目を先に執筆されてしまいました!