ベルギービール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ベルギービール」の項目を執筆しています。

ベルギービールとは、脳味噌までチョコレート漬けになってビール純粋令が理解出来なかったアホベルギー人が作り出したビールのような物である。

概要[編集]

ベルギー人の大半は救いようのあるアホであるため、ビール純粋令に沿ったちゃんとしたビールを作っている。これはベルギービールではなく、ビールである(ビール純粋令には、「アホがビールを作ってはいけない」という項目は存在していないため)。しかし、麦を使った炭酸アルコールの入ったビールらしき飲み物のことをビールと言い張る救いようのないアホが一定数存在するため、本来のビールとの区別のために新しい言葉を作る必要が生じ、ベルギービールという言葉が生まれた。これはつまり、「救いようのないアホのビール」という意味である。バカも積もれば山になるという諺の通り、その種類は1000を越えている。

特徴[編集]

ベルギー人の中でも救いようのないアホはアホなので酵母を扱えず、絞った麦の汁をそのまま放置して発酵させ、ビールを作ることが多い。そのため、ベルギービールは酸っぱい物が多いが、腐っているわけではない。また、アホなので本来ホップを入れて苦味と香りを付けるべきところを、果物を入れて甘みと香りを付けてしまったり、ハーブを入れて香りだけを付けてしまったり、スパイスを入れて辛味と香りを付けてしまったりする。

また、アホなのでワインと勘違いしてアルコール度数を上げすぎてしまったり、何年も熟成させたりするヴィンテージものまで存在するほどである。シャンパンと勘違いしてか、瓶の中に砂糖と酵母を入れて再発酵させたり、ウイスキーと勘違いして違うビール同士をブレンドさせるようなことも行う。

飲み方も本来のビールとは違っており、温めて飲むというアホなことをしたりする。また、アホで影響を受けやすいせいか、隣国のフランスがワインを飲む際にグラスにこだわるのに倣い、銘柄ごとに専用のグラスが存在していたりする。しかしここでもワインとビールを取り違えているあたりがアホである。

種類[編集]

トラピストビール
ベルギーでは修道院もアホなので、ワインと間違ってビールを作っている。ワイン並みに度数の高いものが多い。
アビイビール
トラピスト会以外の修道院が作ってるビール達。
ホワイトビール
アホなので、大麦と間違って小麦が使われている。作った人間の頭の中と同じ、何かが足りない味がする。
レッドビール
アホがビールとウイスキーを取り違え、オーク樽で熟成させて作っている。樽に由来する独特の風味がある。
ランビック
適当に放置しただけで偶然出来る、酸っぱ過ぎる、ウィスキーの真似をしてクモの巣だらけの部屋で何年も樽を放置したりもする。
基本的には、何かしらのフルーツと混ぜられるのが一般的。

押えておきたい[編集]

リーフマン グリュークリーク
ビールを温めて飲むという、バカにも程があるビール、馬鹿すぎて一度廃れたのに再び復興された経緯がある。
セリス・ホワイト
ドイツのヴァイツェンとは違うので注意が必要、これも一度廃れたが敗者復活したビール。
デュベル
悪魔のビールの異名を取る中二病が真っ盛り過ぎる、邪気眼の使い手が作ったビール。全部入れるとビール酵母の死骸まで入って、ビールがせっかくの金色が台無しになるので注意したい。
シメイ
アル中の修道士が醸すビール、日本でも比較的メジャーな部類の奴で、赤・青・白・黒(地元限定)。
ブーン・クリーク
内藤さんが販売している、ランビックにさくらんぼを混入して作るビール。
ブルッグス ゾット ブロンド
売り切れて阿鼻叫喚になったビール。
レフ ブロンド
修道士が作るビールで、原料に夏大麦モルトと冬大麦モルトという、よく分からない何かが入ってる。
ニュートン
何を勘違いしたのか、普通のリンゴではなく青リンゴを入れてしまっている。
ビーケン
ミツバチと人間の女のキメラが醸造する蜂蜜入りのビール。
カンティヨン・グーズ
小便小僧と芥子の花をキメながら醸造しちゃったビールで、とにかく酸っぱい。