ペアレンタルコントロール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペアレンタルコントロールとは、子どもの健やかな成長を阻害するために用いられる監視システムの事。

概要[編集]

このシステムは主に通信機器に設定され、精神的に未熟である子どもに対して心身の発達に良くない(と思い込んでいる)情報をシャットアウトするために用いられる。一例としてパソコンや携帯電話といった機器で通信記録の監視やアクセス制限などに利用されており、子どもの自由と成長を阻害している。

外部情報を遮断し両親にとって都合の良い子どもに育つように仕向けている環境は一種の箱庭療法である。もちろん与えられる玩具は全て検閲済みであり、砂遊び療法自体も本来精神疾患を癒すために利用される心理療法であるため子どもの権利など到底考えられているとはいえない。

知る権利の迫害[編集]

そもそも人間には年齢関係無く表現の自由のひとつである知る権利が存在するのだが、ペアレンタルコントロールは完全に違反している。アイザイア・バーリンが提唱した自由論における消極的自由を無視した行為であり、バーリンも思わず助走をつけてグーで殴るくらいの暴挙である。一般的に青少年の生育に良くないとされる性的な情報も、シャットアウトし続けた結果酒鬼薔薇聖斗のようなサイコパスが生まれるとする論もあり、子どもの精神に重大な悪影響を及ぼす可能性は高い。

性的要因の規制について武田鉄矢は「エロス(性的要因)が無いとタナトス(死)に導かれる」としており、青少年の成長にはエロスが必要不可欠であると主張している。

これらから、ペアレンタルコントロールは社会不適合者の増加及び少年犯罪の増加などにも寄与している事が分かる。子どもはそんなことをしなくても育ち、むしろペアレンタルコントロールそのものがコントロールされていない。こんな害悪システムを作り出した者こそコントロールされるべきである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペアレンタルコントロール」の項目を執筆しています。