ペッパーランチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペッパーランチ(レイパーウンチ)は、どの店もステーキレストランとして営業しているが、女性向けの性風俗店を兼業している場合もあることで知られている。なおどの店舗でも実際に食事をすることは可能であるため、外からは性風俗店かどうか気がつきにくい。

Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ペッパーランチ」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

システム[編集]

入店[編集]

店に入ったところに券売機があり、券売機にて料理を選択しチケットを買い空いている座席に座ってサービスを待つことになる。これ自体は、普通のファーストフードレストランと全く同じである。

入店直後[編集]

一応レストランということになっているので、食べ物を注文する。このとき、男性が同席していれば、食事のみを行うという意味になる。女性だけである場合は、注文したものに関係なく、性風俗のサービスを受けるという意味になる。

注文後[編集]

普通に食べ物が届き、食事をすることになる。男性が同席しているのであれば、食事の後に料金を払って帰るだけなので、普通のレストランとの違いは全くない(このシステムが、この店が性風俗店であることを分かりにくくしている)。ただし、女性のみの場合は、食事が届いてから一定の時間が経つと、店員がやってきて、店員の誘導に従い、指定された場所へ移動することとなる。人気のない場所が好んで使われる。

尚、男性が一人で入店すると、客だろうが業者だろうがいきなり店長にぶん殴られる事もあるので注意されたい。

移動後[編集]

ここから性風俗店としての性質をあらわにする。客を誘導した店員が、指名する相手、相手の人数、プレイの種類、オプションサービスなどについて注文を取る。相手は基本的に男性となるが、女性を選べる店があるとの情報も各所で流れている。

実際のプレイ[編集]

いよいよプレイが始まる。客の相手として指名された店員が、客の注文を基にプレイを行う。しかし、注文から逸脱したプレイをする店員もいるため、店員を止める勇気も必要である。プレイの後は、所定の料金を支払って帰ることとなる。

ステーキレストランとしてのペッパーランチ[編集]

特別メニュー[編集]

二瓶のソースを添えて供されるペッパーランチの特別メニューアミルスタンの羊ランチは、大衆向けレストランには不釣合いな絶品として、食通の間で広く知られている。ペッパーランチのこのメニューを食べた事のある評論家の佐川一政も、「こんな素晴らしい肉料理を食べたのは、フランス留学時代以来だ」と絶賛している。

この料理はかつて来日したウガンダイディ・アミン大統領を歓迎するために、アンデスの聖餐と呼ばれる伝統的な肉料理をベースにして、ドイツの精肉業者フリッツ・フォン・ハールマンのレシピを参考にして作成されたメニューである。また、史書によれば古代中国の伝説的な料理人である易牙の献立にも、これと同様の料理が見られる。

このザクロの様な味のする肉を使った料理のレシピはペッパーランチの企業秘密であるが、品切れである事が多く、ペッパーランチに行けばいつでも食べられるというメニューではない。ただリピーターの調査によれば、上に述べられている女性向け性風俗のサービスが行われた翌日であれば、かなりの高確率でこのメニューにありつける。

このメニューにはごく稀に女物の指輪やイヤリング等が混入している事がある。ただしこれは異物混入ではなく、ペッパーランチによるサービスの一環であり、これらの装身具入りの料理に当たった客は、その場でペッパーランチの厨房を見学する権利を与えられる。ただ残念ながら、装身具入りのメニューに遭遇した客の目撃例こそあるものの、それらの客はいずれも消息不明になっており、ペッパーランチの厨房の実際の目撃証言は一例も発見することが出来なかった。このためアミルスタンの羊ランチのレシピは、依然として企業秘密に包まれている。また装具入りの料理の材料がどこから来るのかは不明。

この事で散々世論から袋叩きにされたのが効いたのか、2009年以降、女性の装飾品を混入させない代わりに調味料としてO-157を食材に配合するようになった。しかし、普通かそれ以下の体力の持ち主にとって、O-157は異常に強力過ぎる香辛料であり、実際にその所為で身体を壊した利用者が数十人も現われることとなった。

外部リンク[編集]

この件は警察沙汰になったが、多くの場合はなかったことにされるので、注意が必要である。

Dish.png このペッパーランチは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)