ペラップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペラップとは、あまりに恐ろしい能力を持つがゆえに公の場での使用を封印されてしまったポケモンである。

登場[編集]

第四世代、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールより登場。世に数多く存在するひこう・ノーマルタイプであり、能力も中途半端であったためカモネギオニドリルからは仲間ができたと歓迎をもって迎えられた。一方で同期のトゲキッスは電磁波エアスラで環境の先頭を走っており彼らには手も足も出ない存在であった。

その後、ポケモンバトルレボリューションというwi-fiによって遠く離れた相手と対戦できるゲームが発売されたがペラップは何事も無く出場できた。

黒と白の世界へ[編集]

しかし第五世代に入り、wi-fiによるランダムバトルが実装された時から彼に転機が訪れる。なんとせっかく実装されたwi-fiランダムバトルに禁止伝説・幻ともども出場禁止の処分を下されてしまったのである。これにはカモネギ、オニドリルもびっくりであった。様々な憶測が飛び交ったが、事実は事実として受け入れざるを得ず、これによりペラップは晴れて禁止伝説に昇格した思われた。ペラップは泣きながらカモネギたちをwi-fiの海へ見送った。

ちなみにどうでもいいことだが、同時期に夢特性と呼ばれる、すべてのポケモン(例外有り)に一律に新しい特性をプレゼント!という上からの施しが行われた。多くのポケモンがこの施しに群がったがこれが全く平等でなく、特にペラップがもらった夢特性は「はとむね」であり、もとから有る「するどいめ」「ちどりあし」を含めて3つ全部がゴミ特性ということがちょっとした話題となった(同類にピジョットが居る)。このように特性の面でも優遇されているとは言いがたいポケモンである。

クリスマスカップ開催[編集]

600種類以上のポケモン…ん?

その後時がたち、次の世代の話も噂されるようになった2012年12月、wi-fi大会「クリスマスカップ」の開催が公示された。第五世代の集大成的な大会であり、いつもはwi-fi対戦から弾かれている禁止伝説や幻のポケモンも堂々出場可能と謳われる。初代最強と呼ばれたミュウツーや神と呼ばれたポケモンディアルガパルキア最新作で幼女殺しの汚名を着せられたダークライ、創造神アルセウス等そうそうたる面々が最強の名を我が物にすべく、期待に胸を膨らませてこの大会に臨んでいた。ペラップも需要はともかく禁止伝説として初めての大会出場になる、と思われたが…。

神を超えたペラップ.jpg

つまり[編集]

ペラップは禁止伝説でも幻のポケモンでもなく、それらをはるかに超越した存在なのであった。まさに神を超えたポケモンである。何故彼はここまで破格の待遇を受けているのか。今まで都合により伏せてきたが、彼には他のポケモンには備わっていない恐るべき能力があるのだ。その能力を以下に記す。

ペラップ-その真の力-[編集]

空間を超えて攻撃[編集]

ペラップの持つある専用技がその最大の原因であると言われている。この専用技、威力60、混乱の追加効果と平凡であるが、実はもう一つ恐ろしい追加効果を持っている。この追加効果は、使用者が心優しい人物であれば発動することはないが、そうでなかった場合発動しなんとゲーム画面を越えて相手プレイヤーにダメージを与える。すなわちペラップは次元を超えて攻撃する能力を持ったポケモンなのである。ミュウツーやアルセウスには絶対に出来ないことである。またドーブルは技を使う事自体は可能であるがこの追加効果は発生しない。神を超えた存在であるペラップのみに許された能力なのである。このような技を持つポケモンがもしwi-fiに出場可能であったならば、アルカイダのようなテロ組織がDSとペラップを使って欧米の子どもたちを攻撃する可能性を否定出来ない。よって彼が大会に出場できないのは当然である。[1]

未来を自由自在に[編集]

またペラップにはもう一つ恐ろしい能力が有る。ペラップは神を超えた存在であるがゆえに、その神聖な鳴き声を鳴らすたびに時空間がねじ曲がり、更にやりようによっては未来を自在に変えてしまうと言われている。例えば、この能力を使うことで卵から生まれてくるポケモンの能力を自在に操ることが可能である。あまりに偉大なので、ポケモンを産ませるためにペラップ様を何度も鳴かせるなんて許せない!と主張しこのようなやり方を否定する過激な者まで存在する程である。このような力を持つポケモンがもしwi-fiに出場可能であったならば、自分の技は全て急所に当たり、相手の技は全て外れ、それ以前に戦闘終了までのターンが全て操られて勝利が確定してしまう。よって彼が大会に出場できないのは当然である。

すなわち[編集]

上で明らかなように空間を司るポケモンはパルキアではなくペラップである。また時間を司るポケモンはディアルガではなくペラップである。この二匹が神を名乗っていること自体おこがましいことであり、現実には何の力も発揮できていない彼らがペラップの足元にも及ばない存在であることは明らかである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 前述のポケモンバトルレボリューションでは特殊な技術によりペラップの能力が封印されており何故BWのランダムバトルではそれが出来ないのかは不明である。