ペレストロイカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペレストロイカ(英・Perestroika)とは、ロシアで行われた盛大なリストラである。

背景[編集]

ソビエト連邦共産党は増え続ける国民や国土の管理、ややこしくなっていく冷戦事情や対外関係の対処に疲れ切っていた。一党独裁制が60年以上も続いたことにより、硬直した政府にはその疲れをリフレッシュする余裕すらなく、だんだんと疲弊の色が濃くなっていった。

そんな状況を憂いたミハイル・ゴルバチョフは、党内・体制改革を掲げ、1985年に共産党書記長に就任した。そうした改革の中にグラスノスチがあり、自ら情報を公開することによって民主化を進めようとした。反対する声も多かったが、ソビエトのトップとしての権限をフルに使い、不届きものは粛清したので、大きな障壁とはならなかった。

実行[編集]

グラスノスチを実行した結果、対外的にもロシアという国にとって管理しきれないものがたくさんあることが判明した。そうして、いらないものを手放すようにという圧力も国内外を問わず強まっていた。そこでゴルバチョフは、本命の改革であるペレストロイカに乗り出す。ペレストロイカとは全てを手放すという意味で、管理しきれないものは全て自由にするという意味がある。この政策は国家の縮小という国の成長を考える限りあり得ない行動とされるのだが、それをせざる得ないぐらいにはソビエトロシアは弱っていたのだ。

ペレストロイカによりリストラされたのは、広大な国土と多くの国民、そしてソビエト連邦共産党自体である。この決断によって、多くの国土と国民が共産主義体制の枠組みからリストラされ、ソビエトの加護を失った地域は、西側諸国の圧力を受けることとなり、民主化と資本主義を取り入れることを強制された。腐敗しきっていたソビエト連邦共産党も多くの党員を粛清という名のリストラを課し、ロシア連邦共産党としてスモールダウンすることとなった。

こうして、ロシア連邦共産党は身軽になって自分たちが掌握しきれるだけの国土と国民をきっちり管理していくことが出来るようになったのである。これによって肥大化しすぎて国家が分裂するという最悪の事態を避けることが出来たのは事実であり、英断と称して問題はないだろう。ただし、過ぎたる力とはいえアメリカを中心とした西側諸国へと対抗できる力を失ったため、この政策が正しかったと評価するものはロシア国内でも多くはないのが実情である。

意味の変遷[編集]

この用にペレストロイカとは粛清も含めた規模の縮小化、自らすらも含めた管理対象の大幅な削減を意味する。ところが、ソビエトロシアの崩壊を喜んだアメリカ合衆国を中心とした西側諸国は、ペレストロイカをリストラクチャリングと翻訳し、自分たちの都合のいいように組織を再構築すると意図的にねじ曲げて訳した。西側諸国に属する日本にもアメリカの意向として、リストラクチャリングは再構築として伝えられたが、日本共産党の布教活動により、本来のリストラの意味としてペレストロイカは伝えられることとなる。何かと批判される日本共産党だが、今回の件に関しては正しき意味を伝える英雄と言えるだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペレストロイカ」の項目を執筆しています。