ペンパイナッポーアッポーペン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

ペンパイナッポーアッポーペン」(英語: Pen-Pineapple-Apple-PenPPAP)とは、ピコ太郎、もとい古坂大魔王による楽曲である。

発売に至るいきさつ[編集]

このPPAPを制作、及び歌唱しているのはお笑い芸人の古坂大魔王である。古坂は1990年代にくりーむしちゅー爆笑問題らとともにボキャブラ天国に出演し人気を博したが、その後は当時の共演者らほどの実績を挙げることはできなかった。そんななか2010年代にピコ太郎によるPPAPという形でこのネタが生まれ、2015年には自身のブログにおいてリズムネタに関する考察を投稿している。

この考察では、まずリズムネタが万人に受け入れられない原因にリズムネタそのものへの拒否反応とオチが先に知られてしまっていることが多いことを挙げ、次いで「信頼」と「芸」がリズムネタの成功への条件だとしている。また記事の末尾ではピコ太郎としての活動を本格的に行うことを示唆し、実際翌2016年にはPPAPをYouTubeで公開している。

発売後の反応[編集]

以上からもわかるように、古坂はPPAPによって露骨に生き残りを図ろうとしていたが、その企みは英語圏において動画が幅広く取り上げられることで成功した。しかしその反応の多くは、「この斬新な音楽は何なんだ」、「appleの発音がおかしい」、「別に面白くはない」といったものであり、芸人のネタとしての評価が高いとはいえない。リズムネタは成功したが成功した理由は決して面白さからではない、そういった悲哀が感じられるとともに、芸人が売れることの難しさを改めて提示した作品だといえよう。

楽曲の内容[編集]

解説不能である。

二本のペンの片方にリンゴを、もう一方にパイナップルをそれぞれ突き刺し、それを両手に持つまでの様子を動作も交えて表現しているが、それが何を意味しているのか、もしくは何も意味していないのかは一切不明である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペンパイナッポーアッポーペン」の項目を執筆しています。