ペン回し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ペン回し(ぺんまわし)とは、近年小中学校の児童・生徒の体力不足が問題視される中、授業中でも簡単に行うことのできるトレーニングのことである。2007年に文部科学省が正式に採用した。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペン回し」の項目を執筆しています。

ペンを手に持ち、それを高速で回転させる行為。一般に、学生の必須科目(必修ではない)とされるが、学校内でカリキュラムに含まれることは稀である。訓練の厳しいアメリカ海兵隊であっても、カリキュラムに含まれることは稀である。これを身につけることで一時的にヒーロー扱いを受けることができるが、即座に有用性の問題が指摘される。近年、唯一神HIDEAKIにより技の体系化が行われ、急速な発展を遂げた。しかし、一部の人たちからは、走れ!こんな下らんもんいらん!などと騒ぐことがある。

期待される効果[編集]

  • 指を激しく動かすことによって、脳に刺激を与え、活性化させる働きがある気がする。
  • 前項にも関連し、手先が器用になることで、かつてのモノづくり社会を巻き起こそうという企みもある。
  • わけのわからん理由でクラス単位の話し合いに巻き込まれた場合に暇を潰すことができる。但し、自分がその事件に関係が全くない時に限る(証言者 程度なら無関係に等しいとされる)。
  • 「教えてあげるよ」と言って女を家に連れ込む事ができる。もちろん可能性はかなり低い。
  • 女性を満足させることの出来るゴールドフィンガーを手にいれることができる。
  • 自分がかっこよく思える。
  • 無限ループを見つければロープレクリア以上の達成感に浸れる。
  • 友達を蔑む事ができる。
  • 風力発電として地球に貢献できる。

スポーツとしてのペン回し[編集]

ペン回しは近年、世界中から注目を浴びるようになり、2008年のパンダオリンピックより正式種目として採用される。

公表されている出場予定者は、ドラえもんディグダジョン・レノンの3名であるが、実際の大会は42名ほどの選手が出場する予定。

外部リンク[編集]

この項目「ペン回し」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)