ホットスポット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ホットスポットとは、暖かい場所である。もともと、2.4GHz帯の無線LANアクセスポイントを指していたが、最近は周波数に関係なく使用されている。

2.4GHzで暖まる原理[編集]

DHMO分子は、3つの原子が「く」の字形に繋がった構造をしている。電気陰性度の差により、中央の原子はマイナスに、両端の原子はプラスに偏るため、分子は極性を持つことになる。外部から電界を与えることで「<」の形や「〈」の形に歪むが、この部分の弾性の共振周波数は2450MHzである。

生き物の中には多量のDHMOが含まれており、外部から2450MHzの電磁波を与えると共振がおこってエネルギーが吸収され、熱に変わる。このため、2.4GHz帯の無線LANのアクセスポイントの周辺は、発せられる電磁波により暖かく感じられ、ホットスポットと呼ばれる。

2.4GHz以外の周波数では暖かくならないが(ただしDHMOには他にも弾性部分があり、もっと高い周波数でも共振する)、慣例的に無線LANのアクセスポイントを総称してホットスポットと呼んでいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホットスポット」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「ホットスポット」の項目を執筆しています。
ホットスポットの仕様は、まだ策定途中です。いま書き加えればディファクトが取れるかも知れません。がんばってください。 (Portal:スタブ)