ホットパンツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホットパンツ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ホットパンツ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ホットパンツ」の記事を執筆しています。

ホットパンツとは、人間心理を利用した保温式ズボンの事である。

概要[編集]

ホットパンツの例。このくらい布地が少ないと、自家発熱でポカポカである[要出典]

衣料の歴史において、最も古い着衣理由は「体温の維持」である[要出典]。寒い地域では体表面から発散される熱を吸収し内部に留め、逆に暑い地域では直射日光を防いで体表面の温度を一定値に維持する用途がある。歴史の中で装飾性などの付加価値が増えていったが、これが衣料の本質と言える。

避寒用ズボンは長く厚くなるのが常だが、ホットパンツはその「常識」を踏み越えた発想で生まれた新しい避寒衣料と言える。人間は他の生物に比べ羞恥心が強く、羞恥を感じると顔の紅潮や体温上昇など様々な変化が生じる。その「体温上昇」に着目し、敢えて布地を減らすことで肌を見られる羞恥心から体温が上がる事で結果的に外気の寒さへの耐久性を高めるのがホットパンツの避寒性の要となっている。

特に羞恥耐性の低い若い女性が避寒目的で穿く事が多く、布地の少なさからは考えられない程耐久性が上がる為雪の降る中でも生足ホットパンツで歩く姿は珍しくない[1][要出典]

誤解[編集]

ホットパンツはその形状から「気候がホットな所で穿くパンツ」と誤解される事が多い。例えばファミリーレストランを舞台にしたドキュメント作品「The三名様」でも、登場人物がホットパンツを「常夏の国で穿くもの」と言うシーンが存在している。しかしホットパンツはその暴露面積の広さから直射日光に極めて弱く、常夏の国で穿く場合深刻な日焼けを覚悟する必要がある。

またホットパンツをショートパンツと混同するケースも多く、本来ショート丈[2]であるものをホットパンツとして販売している衣料店舗も多数存在するのが現状である。

脚注[編集]

  1. ^ 特に新潟県内で良く見られると言われている。
  2. ^ 大体三分丈程度。

関連項目[編集]