ホルムアルデヒド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホルムアルデヒド」の項目を執筆しています。

ホルムアルデヒド(メタナール/COH2/HCOH/formaldehyde)とは、無色透明、常温気体有機物である。DHMOと異常なほどまでにそっくりであることで有名。

性質[編集]

ホルムアルデヒドは、

  • 分子量は約30.0、融点は-92℃、沸点は-19.3℃である。
  • 気体は空気よりわずかに軽い。
  • 約40%の水溶液として市販されている。
  • 性が確認されている。
  • 毒性がある。
  • 水溶液はホルマr(略)

などの事が知られている。

ホルムアルデヒドとDHMOの共通点[編集]

ホルムアルデヒドは、DHMOと非常に似た物質である。その理由としては、以下のことが上げられる。

  • 炭素原子の数がたった1個違うだけである。また、他の種類の原子の数は等しい。
  • 水への溶解度が高い。
  • どちらの分子も左右対称で、光学異性体が存在しない。
  • 気体は無色透明である。
  • どちらもメタノールから生成することができる。
  • どちらも人間が摂取し続けると死に至る可能性がある。
  • どちらも質量を持つ。
  • 絶対零度まで温度を下げると凝固する。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

実験による類似性の証明[編集]

  • ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも洗浄能力がある。
  1. まず、何もつけていないたわしで、汚れた車の表面をこする。すると、汚れはあまり落ちなかった。
  2. 次に、DHMOを付けたたわしで、同様に車の表面をこすると、汚れはよく落ちた。
  3. 更に、ホルムアルデヒド水溶液をつけたたわしで、車の表面をこすると、汚れはよく落ちた。
この実験から、ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも洗浄能力があることが分かる。
  • ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも生物の動きを止める能力がある。
  1. 実験用のラットを、ホルムアルデヒド水溶液と、液体のDHMOに漬ける。
  2. ふたをして、5分ほど放置する。
すると、どちらの液体に漬けたラットも、全く動かなかった。しかし、何も液体を入れずに密閉空間にいれたラットは元気だった。
このことから、ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも一部の生物の動きを止める力がある。
  • ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも人間を浮かせる程度の能力がある。
  1. 3つの巨大水槽(高さ3m程)を用意し、底に無数のナイフを立てておく。
  2. 1つはDHMOで満たし、1つはホルムアルデヒド水溶液、1つは何も入れないでおく。
  3. そこに生身の人間を入れる。
すると、何も入れなかった水槽に落とした人間は自由落下を始め、そのままナイフに突き刺さって死んでしまった。しかし、液体を入れた残りの二つの水槽では、人間は最上部で浮いていた。
このことから、ホルムアルデヒド水溶液とDHMOには、どちらも人間を浮かせる力がある。
  • ホルムアルデヒド水溶液とDHMOは、固体にすると非常に脆い。
  1. 固体のDHMO、ホルムアルデヒド水溶液、アルミニウムの板(長さ1m、幅50cm、厚さ10cm程)を用意する。
  2. 室内を-20℃程まで冷却し、DHMOや凍ったホルムアルデヒド水溶液が溶け出さないようにする。
  3. その板を水平にし、両端を固定し、宙に浮かせる。
  4. その上に重さ50kg程の重りを乗せる。
鉄とアルミニウムは乗せた直後少ししなり、結局少し湾曲したものの、重りをどけるとひび一つ入っていなかった。
しかし、固体のDHMOとホルムアルデヒド水溶液は乗せた直後、崩れてしまった。
よって、ホルムアルデヒド水溶液とDHMOの固体は他の物質と比べて明らかに脆いのである。

ホルマリンに浸かった事がある奴ら[編集]

大抵死んでから浸かるけど生きてても浸かれます。
死後浸かるが見学者は歩き見
死後浸かるが現在まで安置されている
  • 稲葉郷子
幽霊に追い詰められて浸かったのだがそれに気づいたのは地獄先生ぬ~べ~一人だけ。

関連項目[編集]