ホンオフェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bad green Potato.png
この記事は腐っています! 鼻が曲がります!!!

しかし、腐っているのではなく醗酵していると主張なさるのであれば、あなたが熟成させてください。もしかしたらおいしくいただけるようになるかもしれません。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンオフェ」の項目を執筆しています。

ホンオフェ(洪魚膾)とは、韓国の地方部で盛んに作られるエイを主原料とした肥料である。

肥料の製法[編集]

エイの生身を甕に入れ、人や牛糞に漬けることで熟成させる。熟成を促進させる為、甕を堆積させた牛糞の中に投入することもある(牛糞の醗酵による熱を利用する)。

肥料製造の歴史[編集]

魚介類を肥料に利用する方法は漁獲量の多い世界各地の国で行われており、日本にもを肥料に利用した金肥が存在する。

一部の人による食用[編集]

一部のカプサイシンをやられた韓国人は、肥料であるホンオフェを食用することがある。

ホンオフェは人糞に漬けて作られた肥料であり、大腸菌等の雑菌が繁殖していて不潔であるが、食べる本人たち曰く「アンモニアの後味と刺激が爽快でおいしい」という。また、マッコリという朝鮮半島産の酒に合うという。ホンオフェ食用者はアルコール依存症の節もあるのかもしれない。

よく妄想を書き散らしている朝日新聞の記者によると、ホンオフェを食べられない人間は舌が子供だそうである。

日本国内への持込[編集]

日本国内には肥料を食べる習慣はなく、前述の金肥も食用された例はない。新鮮な鰯ならバリバリ食べるが・・・

またアンモニアの食用は禁止されているため、ホンオフェは日本のいかなる空港の検疫も通過することはできず、ホンオフェは日本に持ち込むことはできない。また、持ち込まれたくもない……。

関連項目[編集]

su-pa-sentai-stub 殿下、この「ホンオフェ」は風流不足にございます!
愚かな臣たちが何も推敲せぬのなら 
どうかこの記事を罰して下さい! (Portal:スタブ)