ホンダ・インテグラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンダ・インテグラ」の項目を執筆しています。

ホンダ・インテグラ(Integra)とは、本田技研工業が製造していたスポーツカータイプの普通乗用車である。

車名の由来[編集]

英語の「Integrate」の造語である。

概要[編集]

  • 中級車種アコードと下級車種シビックの中間車種クイントと下級車種シビックの姉妹車バラードの後継車である。その証拠としてクイントインテグラには5ドアハッチバックと4ドアセダンがラインアップされていた。
  • また2代目には更なる走りを得られるタイプRというグレードがある。このRはレーシング(Racing)のRである。
  • インテグラタイプR(通称インテR)を使っているのは、7割がヲタク、2割がホモであり、残りの1割はホンダ社員である。
  • 駐車場に自分のインテRを置いて後からインテRが来た場合、高確率で隣に寄ってくる。
  • 不幸にもそのユーザー及びドライバーに鉢合わせてしまった場合は、9割方話しかけられる。

クイントインテグラ[編集]

販売期間、1989年 - 1993年 ホンダが1980年から販売したクイントの後継車、バラードの後継として販売された。 日本製の5ドアハッチバックと3ドアハッチバッククーペ、4ドアセダン。型式はAV/DA1/2 素材が固く、陰部に怪我をする者も多くあまり好評は得られなかった。 開発陣も「絶頂後、取り外すのが困難」と嘆いていた。 オマケの車両の外観が当時のレジェンドのパクリである。 搭載エンジンはZC16型。 名称クイントインテグラ。これはクイントの後継であることを示す

初代[編集]

シリコン製の貫通型オナホール。型式はDA(どすこいアナル) 初代の失敗を教訓としてかなり柔らかい素材のシリコンを使用するも、サイド部分が裂けてしまうという問題が発生し、リコールとなった。 しかしその柔らかさが好評となり、固定ファンの獲得に至る。第125代天皇(現・上皇)明仁も愛用していた。 オマケの車両外観は寄り目の変なの。テール部分がニッサンのシルビアに酷似していて本田宗一郎がキレてケリを入れたとかなんとか。 搭載エンジンはB18B(Bokki 18cm Bakibaki)と、包茎には優しいが長さを必要とするエンジンとなった。

2代目[編集]

シリコン製のカップ型非貫通オナホール。型式はDC(どすこいチンコ) 先代と同じシリコンを使い、カバー及び蓋を追加する事で本体の損傷を押さえ、問題が解決された。 この代から上記にあるtype Rなるホンダスピリットが満載のグレードが追加されたのである。 type Rはピストンスピード(もちろんアレである)がF1マシンよりも速いという売りであったが、無理をする者が続出し負傷者も少なくない。 また乗り手は「メガネ」「小太り or 貧弱」「黒髪刈り上げ」と女性の縁が無いルックスの者が多かった。 オマケの外観はスポーツカーらしい感じだが、先代とかなり似ていて不評もあった。 搭載エンジンはB18C(Bokki 18cm Chinko)と18cmのこだわりは捨てなかった。 type Rのエンジンは職人の手作業にて組み立てられる。オナホール職人の朝は早い。

3代目[編集]

シリコン製のフリップ型非貫通オナホール。型式はDC(大好きチンコ) 今までの丸出しのシリコンや安っぽいカップの殻を割り、分解・洗浄・乾燥が楽に行え繰り返し使えるフリップ型に進化した。 締め付けやバキュームも自由自在で、数々の喪男童貞ニートから好評を得た。 この代もtype Rは健在である。 オマケの外観は今までとはかなり違ったタイプとなったが、「見た事ある」感は否めない。 搭載エンジンはK20A(Kimochiii 20cm Asoko)と18cmのこだわりと捨て、20cmとハードルを高めてしまった為にまともに使用できる者は少なかった。

生産終了[編集]

草食系男子ニートの増加による童貞・オナニストの数は右肩上がりであったが、ソフト・オン・デマンドより発売されたTENGAシリーズの登場や低価格化したオナホール達に圧倒され、売れ行きは伸びずに生産終了となった。


4370 large.jpg この「ホンダ・インテグラ」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)