ホンダ・S2000

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホンダ・S2000」の項目を執筆しています。

ホンダ・S2000(ほんだ えすにせん)とは、1999年アンゴルモア本田技研工業が産み出し、オープンカー界に派遣した恐怖の大王の使者である。

概要[編集]

本田宗一郎が昇天してから8年、そして本田技研工業が創業して50年経った1999年に出現したそれの名は、ホンダ・S2000。かつて一世を風靡したFRのオープンカー「Sシリーズ」を29年ぶりによみがえらせたため、自動車界に激震が走った。その車は、1980年代末に自動車界に激震を走らせて一世を風靡したユーノスロードスターをぶちのめすために、またオープンカー界を征服するために恐怖の大王本田技研工業によって産み出され、派遣された使者であった。 クソ速いのでレースに参加できない場合もある。

歴史[編集]

AP1型(1999年ー2005年)[編集]

1999年出現。20世紀最後の年にオープンカー界に激震を走らせるために生み出された。2リッターの自然吸気エンジンにもかかわらず250馬力を発揮するF20Cエンジンを、オープンカー最強の剛性を持ち合わせたボディに組み合わせ、更には6速マニュアルトランスミッションを組み合わせてエンジンの性能を余すことなく発揮できるようにした。その結果、運転するドライバーを皆「スピンの恐怖」のどん底に陥れたのである。が、そんなS2000に魂を取り込まれたホンダ党は数知れず。

2000年、新たなる激震が自動車界を襲った。それは、VGS(可変ギアレシオステアリング)を装備したtype Vの追加である。その名の通り、ステアリングギアのギア比を可変させることによって、低速域でのレスポンスと高速域での安定性を両立させるという恐るべきメカニズムである。しかし、車重がS2000より200kg以上軽いNB型ロードスターに楽しさは敵わず。

ちなみに日野自動車にF20Cという同名のエンジンが存在する。但し20LのV型8気筒直噴ディーゼルで、S2000のそれとは全く異なる。数字が22になるエンジンも存在するがそちらは「V22C」。

AP2型(2005年ー2009年)[編集]

2005年、エンジンの排気量を1997ccから2156ccに拡大し、トルクが22,2kgm/7500rpmから22,5kgm/6500rpm-7500rpmに向上したAP2型に進化した。が、扱いやすさと引き替えに魔力は薄れ、パワーも250PSから242PSに低下し、重量も10kg増加した。しかも、あろうことか名前をS2200に改名し忘れていたためにS2000のままであった。ホンダも恐怖の大王もそのことを忘れていたとか。なんと間抜けな話であろうか。しかし、任期末期に出たタイプSはAP1時代の魔力を取り戻した。「タイプR」にしなかった理由は、計り知れない魔力のためにドライバーを廃人にしてしまうおそれがあったからだとか。

結末[編集]

2009年1月27日、結局はユーノスロードスターの人気にかなわなかったため、恐怖の大王はS2000を魔界に呼び戻すことにした。

2009年8月11日、恐怖の大王に呼び戻されて、役目を終えた。

関連項目[編集]


4370 large.jpg この「ホンダ・S2000」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)