ボケ (植物)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボケ (植物)」の項目を執筆しています。

ボケ(木瓜、放春花)が咲いたら、が来る。

概要[編集]

春は、もうそこに。

バラ科の落葉低木で、学名はChaenomeles speciosaとか言うらしいが、そんな事はすっかり忘れてしまい、毎年呑気に咲いている。

放春花[編集]

土壌から吸い上げた「春気」を蕾に貯め込む性質があり、その貯蔵量がいっぱいになった頃合いに春告精がやって来て「ハルデスヨ(Howl deass yhow)ー♪」と呪文を唱えながらくすぐり(啓蠢)の儀式を行なう。すると、堪えきれなくなった蕾が大笑いを起こして貯め込んだ春気を放出、山にも里にも、そして野にも春がやって来るという按配である。

木瓜[編集]

春を招くことから縁起のよいとして知られたボケであるが、その一方で、春は心そぞめく季節でもある。新しい一年が始まる(生活に変化が訪れる)事に対する期待と不安を抱える者はもちろん、そして新しい一年が始まったにもかかわらず何も変化が訪れなかった事によって絶望の淵に叩き込まれ、ふと桜の下で風に揺られてみたくなったりする季節でもある。そうした事からボケは春怪(ほうけ、はるのけ)とも呼ばれ、人を惑わす花としても知られている。ちなみに当て字の「木」とは、この春怪に誑かされた男が樹木とまぐわった逸話[1]からとったものと言われている

脚注[編集]

  1. ^ どこに何をどうしたのかは検閲により削除

外部リンク[編集]

関連項目[編集]