ボタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
「ボタンを…ボタンをよこせェ!。」
ボタン について、名護啓介
「ハハハ!やったぞ!俺のボタンだ!ハハハハハ!」
念願のボタンを手に入れたこと について、名護啓介

ボタン(ぼたん)とは、よく服などについている変な丸っこい物体の俗称である。あと余談だが植物のボタン (植物)などとは関係ない。

ボタンとともに爆弾を宅配便に輸送させた罪により逮捕されたとあるキリスト教徒。

ボタンの歴史[編集]

もともとはキリスト教徒たちが、イスラム教撲滅のためにイスラムに爆弾とともに宅配便で輸送したのがことの始まりであり、ことの発端でもあった。その後イスラム教徒たちから西欧社会に伝えられ、たちまち民衆の間でブームになり、一次は町中の洋服店で販売されていたボタンが品切れになることもしばしばあった。なお、余談だがボタンの名前はポルトガル語から来ているらしい。(アンサイクロぺディアン調べ)

妖怪ぼたんむしり[編集]

妖怪ぼたんむしり
ぼたんむしり出没地域
「ぼたんむしりのやつ、ボタンばっか取りおって!けしからん!」
妖怪ぼたんむしり について、磯野波平
「帰っていいよ、お前!!」
妖怪ぼたんむしり について、佐野実
ぼたんむしりは近年、主に日本国東京都の五反田周辺に出現すると噂されている妖怪。
特徴
「ぼたんをよこせ!」と言いながら襲いかかり服からぼたんをむしりとっていくとされる。
ぼたんむしりは執念深いうえに足が速く、一度狙われると逃げるのは困難だといわれている。
本人は主に五反田の治安を守っているつもりらしい。
ぼたんのついていない服を着ていれば襲われることはないという説もある。
キバの場所を教えると去っていくが、キバがいないと分かった場合、重機に乗ってどこまでも追いかけてくる。
音楽を聴くと興奮し、攻撃してくる。
五反田でタクシーを拾うと、ごく稀に運転手がぼたんむしりであることがある。
ぼたんむしりは乗客に「おまたせ。」と言葉を掛けると、乗客のぼたんをむしり取って消える。
この為、五反田のタクシー業界が地味に打撃を受けているらしい。(:ぼたんむしりは近年、日本国東京都の五反田周辺に出現すると噂されている妖怪。(名護啓介より引用)

主なボタン愛好家[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「ボタン」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)