ボランティア販促活動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ボランティア販促活動とは、様々な店でその店のために販促活動を手伝うという活動である。経済の活性化には欠かせない大変貢献度の高いボランティアである。

主な活動場所[編集]

コンビニ、書店[編集]

コンビニや書店は地味な商売であるため客の入り具合は常に盛んであるとはいえない。しかし、販促をサポートするボランティアが呼び込みの効果を持つために重宝される。

店の入り口や外から見える場所で本を読んでいる人たちは決して迷惑行為ではなく貴重な時間を費やして店のために一生懸命呼び込みをしているのである。

パチンコ[編集]

パチンコ店は得てして良いイメージが無い。そこで窓際の台に大当たりを多く持つことでドル箱の山をたくさん作りあげて楽しそうに打つのが目的である。

決して彼らは偶然大当たりして、帰るに帰れない情況にいるわけではなく、ドル箱に囲まれて飛び上がって喜んで顔をほころばせるという行為でもって悪いイメージを払拭し、楽しい、健全を伝えているのである。

宝くじ売店[編集]

早朝に並んで行列を作り、ごっそり買う人たちはそれが間接的に税金を納めつつ経済の活性化を促しなおかつ行列がさらなる販促効果を高めているという自覚を持っている。

コンサート会場[編集]

通称サクラなどと言われていて、観客を煽ることでアーティストの機嫌を取ろうという存在が確認されるが本当の目的はその盛り上がりの中でそのアーティストに惚れ込ませようという販促活動である。 決してインチキなどではないのだ。

関連項目[編集]