ボーイスカウト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ボーイスカウト」の項目を執筆しています。

ボーイスカウト(the Boy Scouts)は、青少年の健全な育成を大義名分としている、軍国主義国粋右翼育成団体である。ターゲットバッジ欄に「地球市民」という項目があるがそれは別に気にしなくていい。しかし、陰謀論者たちは少年性愛好きな大人たちのハーレムだと主張しているし、興味のない人々はアイドルAV男優か小姓のスカウトでもしている団体だと思っている。つまり、本当のところはよく分からないし、多分どれであっても誰も気にしない

ボーイスカウト運動[編集]

概要[編集]

ボーイスカウトはイギリスの退役軍人ベーデン=パウエル卿(指導者達は無駄にB-Pと略したがる)が、大英帝国の行く末を懸念し、青少年の健全育成を建前に愛国者の育成を目指して創設した民族運動である。しかし、陰謀論者たちはB-Pが実は少年性愛者であったとか、悪魔ルシファーの崇拝者であったと信じてやまないし、興味のない人々はやっぱり芸能事務所のスカウトマンか何かだと思っている。

歴史[編集]

B-Pは陸軍大佐時代の1899年に『Aids to Scouting for N.-C.Os and Men(ストーキング覗きのための斥候手引き)』という本を著したが、これが思春期の少年たちに評判が良いことを知った。しかしこの本はその内容の過激さ故にR-18指定での出版であったため、青少年教育に適したコンシューマ版の製作に取り掛かった。

1907年8月1日~8日、B-Pはイギリスのブラウンシー島に21名の少年たちを集めて実験キャンプを行った(このキャンプには20名の少年が参加するはずであったが、現地で実際に数えてみたら何故か1人多かった)。このキャンプの経験を基に1908年、『スカウティング・フォア・ボーイズ(少年のための風呂場覗き斥候術)』という本を刊行した。 しかし、陰謀論者たちはこの実験キャンプでB-Pが少年たちにXXXXXXXXXXXXXXXさせていたと決め付けているし、興味のない人々はこのキャンプをスター発掘オーディションのようなものだと勝手に思い込んでいる。

この本が大きな反響を呼び、各地で勝手に少年たちが真似事をはじめたのがボーイスカウト活動のはじまりであるとされているが、相変わらず陰謀論者たちは少年性愛者の大人たちによる煽動だと喚いているし、興味のない人々も少年たちがASAYANに影響されてオーディションの真似事をはじめたとしか思っていない。

日本のボーイスカウト運動[編集]

日本ボーイスカウト連盟は、名誉総裁である皇太子徳仁親王を頂点とした大日本帝國の亡命政権。

構成[編集]

日本のボーイスカウトでは、団の中で所属する隊が年齢により、以下のように変わる。

  • ビーバースカウト(小学校入学直前の1月 - 小学校2年生9月)
    • 彼らはいつでも短パンである。たとえそれが大雪の日でもだ。この鉄の掟を破ったビーバーは、スカウト精神注入棒(超巨大シャモジ)で百叩きの刑に処せられる。
    • 彼らはいつでもわんぱくである。カブやボーイといった年長の者に、殴る蹴る(特に股間)の暴行を加える不届き者も珍しくは無い。しかし年長のスカウトはこれに対し、武力をもって懲らしめてはならない。何故なら、彼らは保護者という強力な支援者を盾にしており、場合によっては酷い目にあうからである。
  • カブスカウト(小学校2年生9月 - 小学校5年生9月)
    • よくやった。君たちは苦しい寒さに耐えてきた。しかし今度は馬鹿に派手なショッキングパープルのズボンという名のトランクスと同じくショッキングパープルの軍隊服を着なければいけない。それがいやなら長いだけのハイパートランクスをはく権利もあるもあるがこれは基本売ってない。そして、そのダサい形の帽子とはもう暫く付き合わなければならない。
    • 彼らの階級は年功序列であり、何故か動物の名で階級が表される。りす、うさぎ、しか、くまの4階級がそれであり、これは創始者であるB-P卿がブレ-メンの音楽隊の動物を誤って覚えてしまったことに由来する。
    • カブスカウトはカブ隊のやくそくという軍隊規則によって行動が制限されている。規律を破ったものには罰を与えなければならない。これは年長者の義務でもある。
  • ボーイスカウト(小学校5年生9月 - 中学校3年9月または後輩に級や背を抜かれ退団するか、部活が忙しくなって退団するか、日本ジャンボリーに行って退団するまで)
    • 相当ダサい形のベレー帽を被り、国旗を掲げ、敬礼する。まさに一人前のパトリオットとして羽ばたきはじめる時である。
    • 彼らの階級は実力主義であり、スカウターで戦闘力をはかられ、下から順に変な黄色、初級、2級、1級、菊スカウトとなっている。最高位の菊スカウト章の受章は非常に難しいとされ、また名誉とされている。しかし陰謀論者たちは、この菊スカウト章の名称こそ、スカウト活動が少年性愛者でゲイな大人たちの陰謀だという証拠だと喚き散らしている。初級以下は、女性リーダー(ショタコン)がいる場合ターゲットになる。そして、戦闘力をはかる際のスカウターがボーイスカウトのスカウトの部分の正しい語源である。7
    • 菊章の受賞者の戦闘能力は基本ベンチャーの中堅に相当するとも言われるが、稀に戦闘能力が信じられないくらいに低いものがいる。これを一言で「除虫菊」または「造花」といわれる。
    • 彼らは神(もしくは仏)と国という逆らえない絶対的な存在に「誠実、友情、礼儀、親切、快活、質素、勇敢、感謝の心」を誓わなければならない。また一度誓ってしまったが最後、「ひとたび誓いを立てたら死んでもスカウト」との通りにボーイスカウトの呪縛から解き放たれない。やめ時はカブ→ボーイのときかボーイ→ベンチャーの時でベンチャーに入ったが最後やめられなくなる。
  • ベンチャー(冒険?)スカウト(中学校3年生9月 - 20歳未満)
    • 主な任務は雑用である。また退団することは許されない。富士章と呼ばれる上級職があるらしいが不明。やめ時を失った人と重度に終わった人のたまり場でもある。幻の一歩手前というか半分幻。
  • ローバー(いい歳こいたオッサンな)スカウト*(18歳以上)
    • この隊は都市伝説の類である。尚必ずいるとも限らず、いらない時にいるとも悪しからず、ほしいときにいない幻。目撃証言もとむ。
この項目「ボーイスカウト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)