ポッキモン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ポッキモン
全般
英語名 English
進化体系 1進化ポケモン
進化前 ポッキモン1
進化後 ポッキモン2
世代 第1世代
ポケモン学
分類 きつねポケモン
タイプ1 ほのお
タイプ2 みず
高さ 0.6 m
重さ 10 kg
特性 もらいび

ポッキモンは、いまだかつて非行少年・少女達ポケモンの研究者に捕らえられたことのない謎の多いポケモンである。

特徴[編集]

人間の中で姿を見たものはおらず、容姿の特定はできていない。

タイプ[編集]

タイプはほのお・みずと考えられている。これは、水中を移動していた形跡があり、移動した跡にはところどころ焼けこげた跡があるためである。

容姿[編集]

ここに表記している身長体重は足跡や歯形を元に考えられた推測で、この100倍はあると考えている学者もいる。

が発達しており、抜けてもまた生えることがわかっている。

背中にはいくつかトゲのようなものがあり、それによって身を守ると考えられる。

[編集]

ここに表記する技は研究を元に考えられた推測のものである。下記以外のものも研究されている。

火炎放射

からを吐いて相手を威嚇・攻撃し、身を守る技。ポッキモンの足跡の近くに植物が燃えた跡があったため使用できたと考えられている。だいもんじである可能性については現在も研究されている。

かみつく

相手にかみついて攻撃する技。足跡の近くのにかみついた跡がついていたためこう考えられている。木が砕かれていなかったためかみくだくではないとされている。

ポッキモンの研究[編集]

未だかつて人間の目の前に姿を現したことのないポケモンで、20世紀後半までは存在すら認められておらず、伝説とされていた。しかし、2005年にどのポケモンのものとも違う足跡が死海で発見された。その発見者は、その足跡の主にポッキモンという名をつけた。しかし、2007年までの研究では、この足跡の主、ポッキモンは19世紀ウィキペディア内で人工的に二匹だけ生成されたという研究結果が報告されている。これを裏付けるものとしてウィキペディア内にポッキモンの説明がことこまかに記された項目が存在する。アンサイクロペディア内に記された身長・体重は、様々な研究結果をもとにアンサイクロペディアが独自に計算した推定のものである。

その他[編集]

なお余談だが、中国[1]ではこのポッキモンをメインキャラクターに置き、世界的なキャラクターであるパックマンとの共演を実現させた、「PUCKMAN POCKIMON」なるゲームが好評を博している。MAMEで対応しているので以下略。

注釈[編集]

  1. ^ 大きい中国小さい中国かは不明[1](たぶん小さい方)なので、とりあえず中くらいの中国、ということにしておく。

関連項目[編集]

こんな感じに捕まえてください。
WANTED ポッキモン

この「ポッキモン」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)