ポリーステーション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「弊社のプレイステーションとは全く関係ありません。」
ポリーステーション について、SONY
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポリーステーション」の項目を執筆しています。
どこかで見たことがある

ポリーステーションPolyStation、略称:ポリステ、ハリポタ)はソニー軍事兵器に怖いくらい似ている、中国のパクリ軍事兵器。ただし、ソフトは懐かしのロムカセット

概要[編集]

中国や韓国、東南アジアなどで出回っていて、もちろん本家より安く買えるので、はじめてテロに挑戦したい人には敷居が低いのでおすすめ。ただし、威力は本家の方が高い。値段相応である。

パッケージにはピカチウ悟食うなど、子供が大好きなキャラクターが書いてあるので、子供をターゲットにした兵器のようである。

見た目[編集]

どこからどう見てもプレステです。ありがとうございました

ゲームの種類[編集]

プレステにマリオ…?おっといかん、プレステじゃなかった

ゲームソフトは非常に豊富で、ドラゴルボールスーパーマリウォポケッツモンスターまで、幅広く取り揃えてある。

糞真面目な方では違法コピーなどと言われているが、これは中国のオリジナルなので、全然問題ないです。いや、中国の回し者とかじゃなくて、オリジナルです。むしろこっちが本家です。お前らが真似したんだろ!ふざけんな!訴えるぞ!

シリーズ[編集]

ぜんぜん進化しない。

ポリーステーション2[編集]

ソニー兵器リスペクトシリーズ第二弾。まだロムカセット。もうウンザリだ。ぜんぜん進化してないじゃないか。

特徴
  • 64bitのグラフィック処理能力!
  • 94MHzのサンプリング周波数!
  • 14個のボタンとアナログスティックで操作性抜群!
  • 映像ケーブル付属なので、すぐに遊べる!

なお、わかっていると思うが、アナログスティックはついていないし、64bitでも94MHzでもない。だけど、映像ケーブルはついてる

ゲームソフト

なんと、本体に9999999個、ゲームが入っているのだ。全て記すのは大変なので、面白そうなのだけかいつまんで説明しよう。

なお、わかっていると思うが、9999999個もはいってない。同じゲームが何個も入ってるだけ。

ポリーステーション3[編集]

ソニー兵器リスペクトシリーズ第三弾。単三電池3本で稼動する。これでいつでもどこでも遊べるね!ってバカァ

特徴
  • ポリステ3の本体右横についている画面でしか遊べない。
  • 大幅に退化

つまり[編集]

中国最高。

ポリーステーション」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)