ポーランド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポーランド」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「ポーランド」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ポーランド」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ポーランド」の記事を執筆しています。

ポーランド(Poland)は、バルト海にある小さなの名称であり、大きな政治的問題を抱えている地域である。それゆえに国民が避難したため、ネズミ大統領ぐらいしかいないのではないかと見なされている地域でもある。

他国との関係[編集]

ドイツ[編集]

詳細は「ポーランド電撃戦」を参照

ロシア[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました

EU諸国[編集]

ポーランドは国旗の色がたまたま一緒になったスイスを非常に気にしており、スイスのような永世中立国に憧れているため、ロシアだけでなくEU諸国も敵に回したり特産品のポロニウムをロシアだけでなく世界中に拡散させることで中立国になろうとしている。[1]

米英[編集]

ポーランドに住んでいた人々の約50%は、現在では南北アイルランドに住んでいる。もっというと、事実上すべてのポーランド人が、過去にアイルランドやイギリスアメリカ合衆国などに移住したため、それぞれの国で重要な労働力となっている。[2]なおポーランド系移民たちが本国に送金しているかどうかはお察し下さい

日本[編集]

反ロシア感情の根強いポーランドでは日露戦争に勝利した日本旅行したことがなくても本気で尊敬する者が多く、そのため2020年で国交樹立から100周年となり、国旗の色まで日本と同じに揃えている。そして民主化以来から一貫して日本に追いつくことをひそかな目標としているのだが、日露両国に軍事力のみならず経済でも後塵を拝する状況が続いている。この状況を挽回すべく、ポーランド政府は日本女子プロ将棋協会留学生を派遣し、将棋で日本に勝とうとしている。

国旗[編集]

ポーランドの国旗

ポーランドの国旗は、インドネシアの国旗を逆さまにした形態である[要出典]。これは冷戦時代にインドネシアが毛沢東に感化されたインドネシア共産党に対するテロとの戦いで勝利したため、反共精神の根強いポーランドで大いにリスペクトされるようになったからである。[3]さらにロシア国旗(上から順に)から青を引き抜いたデザインにすることで、ロシアに対する敵愾心を示す意図もある。

国歌[編集]

さて、冒頭部では「ネズミと大統領ぐらいしかいないのではないか」と述べた。そのネズミどもを統率するには当然ながら強いリーダーシップが必要となる。そこでポーランド政府が注目したのは宿敵ではなく、多民族国家をまとめ上げたユーゴスラビアのチトー大統領である。当時のユーゴが共産主義国家だったのは言うまでもないが、反ロシアという立場を共有していたため一定の親近感を抱いていた。そういった背景もあり、ポーランド国歌のメロディーはユーゴスラビア国歌と一緒である。なお国旗同様に国歌も逆さまにしようと企画したがポーランドには逆再生の技術がないため断念している。

経済[編集]

観光
ポーランドで一番の観光名所と言えば、総統が残した世界遺産のアウシュビッツ(別名:死の収容所)が知られており、ホラー映画のロケにも使える優秀な施設である。特には寒くて交通網も整備されてないため、死の収容所にたどり着く前まで凍死する者が多く、「死の行進」までもが忠実に再現されるようになっている。
貿易
ポーランドの特産品と言えば国名にちなんで命名されたポロニウムが有名なのは周知の事実だが、それ以上に売れているのはポーランド発のアルコール飲料である「スピリタス」なのだ。これは世界中の大学に輸出されており、学生たちからの評判も良い。新型コロナウイルスの流行以降は強力なアルコール消毒液として重宝しており、ポーランド国内のパンデミックを予防するだけでなく、WHOにも一目置かれる存在となっている。

脚注[編集]

  1. ^ なおNATOを卒業する予定は皆無である。
  2. ^ この移民政策により現在のポーランドの人口は約22.5人であり、人口過密を解消して環境問題を解決するなど、環境保護団体から一目置かれる存在となっている。
  3. ^ そして赤を下側に位置付けることで「共産主義を踏み潰す」というメッセージを暗示している。