マイカル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マイカル」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「マイカル」の項目を執筆しています。
「マイカルは滅びぬ。何度でも甦るさ!」
マイカル について、ムスカ

マイカル(MYCAL)とは、悲しきかな大型店舗を展開していたのに銀行からの圧力により取潰されてしまった百貨店型スーパーのことである。

沿革[編集]

マイカルは、もともと上方のほうの四社が合併、ニチイという名前で会社を設立したことが始まりだった。特に稼ぎ柱があったわけでもないのに、時代を超越したスポーツクラブを経営。ところがそれが大ウケして、お見事証券会社に花マルを付けてもらった。

初代社長の西端という人が死亡してから、この会社は大きな百貨店型スーパーを経営。人の心の美しさを商いの道に生かすという無理難題を社員につきつけながら、ブラック企業としての道を邁進していたのである。地元関西はもちろんのこと、板橋大宮本牧小樽にドでかい店舗をこれでもかと、生やしていった。ますますブラック企業として会社を作っていた。

が、その時。

突然の倒産[編集]

2001年2月、時代を先取りしたスポーツクラブを大手スポーツクラブに売り払う。

さらに4月、カードをまとめて三洋信販という謎の企業に売却。

8月には民事再生法が適用され、マイカルという会社の信用は飛ぶ鳥を落とす勢いであった。しかも後述の取締役会での一件があり、さらに経営は泥沼と化していった。ついにイオングループエクストリーム・謝罪をすることで、見事スポンサーを獲得し、マイカルは無事倒産したのである。

倒産の理由とその後[編集]

では、何故倒産してしまったのだろうか。これには、頭の錆びついたおじいちゃん達の暗躍があった。そもそもブラック企業として動いていたころ、人件費を圧縮しても資金がなく、これほどにもない赤字をたたき売りしていた。なのにこのおじいちゃん達は、「まだだ、まだあきらめんぞ」と続投を決意。その結果、会社は見るのも痛いような崩れ方を魅せていた。なんとその赤字1兆6千億にもなった。「あれほどもいったのに」と四方という人は怒ったが、「なに言ってんだ」と一蹴。結局おじいちゃん達が好き勝手して、会社は姿を消した。今もそのやり方は、各所から反発されているが、なおもみ消されている。ところがこれ…ん、こんな時間に誰だ?

コホン、その後は店舗はイオングループに相続され、スーパーの名前は消えても未だ店舗は存続している。まさに恩義に着ているようなものである。今、その名が聞けるものはなくなっており、人々に聞いても「え? マイカル? 何それ、マイケル・ジャクソンのこと?」とまで言われる始末である。結局、この会社は2011年、イオン傘下のイオンリテールに合併されこの世の中から消滅を果たした。

愉快な仲間達[編集]

SATY[編集]

SATY
閉店したSATYの例。怖い。

1984年に、金に目が無いおじいちゃん達が私腹を肥やすために作られた、中途半端な百貨店型スーパー。別名、生活百貨店。店内放送がスーパーのくせに、無駄にハイカラ。そして、映画館も併設されていて、無駄にデカイ。

リニューアルという名目で今まであったニチイの大半をSATYに変えて、一時は200店舗まで拡大し、青森宮崎沖縄を除く44都道府県にあった。しかし、大半の店舗は赤字で、倒産直後に大量閉店した。その店舗達の中には下館スピカのように、廃墟と化しているものもある。

また、北海道にある店舗が、すべてポスフールに変身したことにより、最末期には31都府県のみとなり、消滅を果たす。

イオンに統合される間際、地方の店舗はDQNの溜まり場と化した。

VIVRE[編集]

VIVRE

1982年、どうしようもない閉店予定の赤字店舗を存続させるために、金に目が無いおじいちゃん達の要求で誕生した。当時流行のブランドでギャルをホイホイ呼び寄せて、彼らの利権の存続を図った。 この作戦は大成功し、32店舗まで拡大した。しかし、SATYとの見分けがつかないということで、郊外の店舗は閑古鳥が鳴くにまで追い込まれる。

結局、2001年の倒産時に、大量閉店を果たした。その後も、SATYやさくらの百貨店に変身した。

今も唯一、その名前は残っているとされている。

ワーナー・マイカルシネマズ[編集]

あいつらはやりやがった...。

1991年、身の程知らずのおじいちゃん達がかのワーナーと手を組んで作った映画館。おもに、無駄にデカイSATYやVIVRE、マイカルタウンに併設されている。最近開館した店舗は、イオンの無駄にデカイ基地や、イオングループ以外の大型ショッピングモールにも併設されている。

1993年開館の海老名を皮切りに、マイカルにおいて唯一の黒字部門であったこともあって、倒産直後の3年間を除く約17年間、大量繁殖した。

マイカルという名前が消えても、しぶとく生き残っていたが、イオングループに粛清されました

マイカルタウン[編集]

無駄にデカイ店舗の代表例。

1988年、アメリカの真似ばかりするおじいちゃん達が自分たちの私腹を肥やすために、1号店を本牧に作った。

最初はギャルリア充DQNスイーツ(笑)がたくさん来ていたが、バブル崩壊後は、閑古鳥が鳴くまでに陥った。

しかし、最初の成功に味をしめたおじいちゃん達はバブル崩壊後も、次々と店舗を開店させた。これが1兆6000億円もの膨大な借金の原因となっている。

倒産後、小樽と大連は閉店したが、それ以外の店舗はイオングループがテコ入れを行い、もとい法外なテナント料を請求することにより駅前の店舗は、黒字店舗にまでに成長した。結局、2011年に消滅を果たし、イオンモールやイオンショッピングセンターに変身した。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社マイカルは資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)