マイケル・ファスベンダー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「あのドイツ系アイルランド人のファスベンダーは、イケメンの英国人を演じられる俳優として、私の後継者になりうる男だ」
マイケル・ファスベンダー について、マイケル・ケイン
「彼、触るのがとってもうまいの」
マイケル・ファスベンダー について、キーラ・ナイトレイ
「お尻がステキよ」
マイケル・ファスベンダー について、エイミー・ハーグリーブス

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マイケル・ファスベンダー」の項目を執筆しています。
演技とは、後でビンタを食らう心配をすることなく、キーラ・ナイトレイの尻をぶっ叩けることを意味する。

マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender, 1977-) はアイルランドイギリスアメリカ哲学者であり作家。暇つぶしに映画やドキュメンタリーに出演していることでも有名である。演技は友人の代理で始めたのだが、だんだんと板についてきている。ファスベンダーは革新的な思想家と見なされ、エッセイや短篇小説その他モロモロによって、世界中の学会から尊敬をもって迎えられている。彼はさらに、みんなが大好きなあのダライラマに対して、インスピレーションに富んだ手紙と、とんでもない量の悟りの智慧を与えた。彼のエージェントが全部でっちあげた可能性もある。

前半生[編集]

ファスベンダーがその引き締まった尻を、ドイツとアイルランドが生んだ尻を振っている。双眼鏡さえあれば誰でもタダで見られるショーだ。

ファスベンダーは、女王陛下がおわします大英帝国のそこそこ上流の家庭に生まれた。ここでの生活がいかに実りある、実りしかないものだったかは容易に推察できる。11歳でオックスフォード大学に入り、そこでのファスベンダーの学識に比類のないことはこれぞまさしく黄金時代というにふさわしいといえるのではないかという感じである。ファスベンダーは16歳までに哲学と言語学の博士号を取得した。そしてラテン語フランス語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、北京語に堪能であった。彼はさらにトールキンの『指輪物語』における「エルフ語」の創造に多大な影響を与えた。19歳で軍隊に入り、イギリス海兵隊大尉となり、18ヶ月後には陸軍特殊空挺部隊(Special Air Service, SAS)の曹長となる。しかし最終的に、もっと刺激的なキャリアを追求すべく連隊を辞した。

そのキャリア[編集]

ドイツのファスベンダー、その名もライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。もう死んでるし、ちょっと綴りが違うね。

ファスベンダーはまず、自分がユーモアとは縁遠いドイツ人だと思われているせいで役が回ってこないのだと気付いた。そこでアイルランド人らしさを表に出すようにしてみると、仕事が軌道に乗り始めた。これまで幾度も英国首相に推薦されているが、ファスベンダーは毎回断わっており、今はオックスフォード大学に何の肩書も持たずに在職中である。世界中から学者や求職者や俳優やファンが彼のもとに押し寄せてくるので、「マエストロ」という肩書で十分なのである。驚くべき成功を重ねつつも、ファスベンダーはつねに超ハンサムなカリスマであることの精神的負担を負ってきた。

個人的事柄[編集]

イギリス人ではないにしては英語のおしゃべりが上手だと周りから言われる。一度知りあえば誰からも愛されるたちで、みんなが彼をひいきしてそう言うのである。ファスベンダーの趣味としては、たき火を囲んでブランデーを飲むこと、葉巻を吸うふりをすること、アラン・リックマンと一緒にハイソなパーティーに出席すること、それから『ゲーム・オブ・スローンズ』を観ることなどがある。

哲学[編集]

彼の哲学のコンセプトには今のところ名前はない。他のやつとかぶってるといわれないようにするためだ。他のやつっていうのは例えば、道教仏教無宗教ジェダイの教え、君主制、あとポスト-プレ-ポストモダニズムとかだ。

著作について[編集]

ファスベンダーの執筆業はこれまでにかなりの成功を収めてきた。ベストセラーになった本が5冊刊行されているほか、300以上のエッセイと27000以上の短い詩もある。

ファスベンダー、他の思想家たちについて語る[編集]

この記事は、en:Michael Fassbenderから翻訳されたものです。