マザー牧場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マザー牧場」の項目を執筆しています。

マザー牧場( - ぼくじょう)は、千葉県検閲により削除にある、マザー後述)を飼育するための牧場。粛清されました山の山麓に位置する。主にシングルマザーが飼育されているが、シングルでないマザーも居る[要出典]

概要[編集]

検閲により削除を経営する、日本電波ぴーグループの実用牧場。

広い園内には、ゆでたまごを得るための数多くの種類のマザーが飼育されており、牧場ならではの触れ合いができる。家族連れには人気で、首都圏での知名度はかなり高く、幼少時代に遠足や家族旅行などで訪れたという人はかなり多い。

特に、小さい子供を安心してマザーに触れ合いながら遊ばせることができ(後述)、広大な園内には遊戯施設や、作りたてのゆでたまごを食べさせる店、東京湾を一望できる観覧車などが揃うなど、ファミリー層には一日中遊べる観光スポット実社会研修所となっている。

レジャー多様化の時代で、各テーマパークや遊園地が閉鎖に追いやられる中、完全な棲み分けを武器に来場者数も年々少量ではあるが増加傾向にある。千葉県内のレジャー施設では東京ディズニーランド鴨川シーワールドと供に人気の施設で、首都圏の幼稚園の遠足先では156年連続で堂々の156位である[要出典]

マザー[編集]

ゆでたまご産む機械。別名は肉ぴー隷、肉ぴー器、精ぴー所など。ゆでたまごは高級食材であり、高額で取引されるので、マザーの志願者は多い(2007年度の採用倍率は156倍)。シングルマザー、ヤンママに関しては有利とされている。

野生のマザーの危険性[編集]

野生のマザーは気性が荒く、危険な存在であり、小さい子供を安心して遊ばせることは極めて難しい。また、野生のマザーは危険な病気を持っていることがあり、小さい子供は特に免疫性が乏しいため、大変危険な存在となっている。

当該施設では、専門の飼育員、調教師が常駐しており、スタッフのレベルも高いので、安心してマザーと子供を遊ばせることができる(公式HPより著作権をクリアして抜粋)。

高齢マザーの用途[編集]

産む機械には、機能的に耐用期限が存在する。ならば、その時点で用済みなのか? というと、そうではない。産む機能を喪失した機械には、それ専用のニーズが発生する。すなわちお袋の味である(ママの味おかあさんの味、とも)。

これは、一般に高齢であるほど良いとされているが(良いダシが取れるため)、個人の嗜好があるので、全年齢をカバーしておく必要がある(ヤンママ好み、ギャルママ好み、ジャガー検閲により削除好みなど)。そのため、常に156種のマザーが飼われているという。

特別施設[編集]

マザー牧場にある、特徴的な施設。

マザータワー[編集]

ロボット刑事』に登場した巨大ロボットを、ウルトラ警備隊の圧ぴー後述)で受け取り、施設内に設置している。内部の見学、登頂も可能だが、一部区間はシークレットとされている。

一説には、北検閲により削除からの脅威を

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

マザー浴場[編集]

温泉施設であり、多数のマザーが常駐しており、生身の触れ合いができる。一部のユーザーからはマザー欲ぴー、あるいはマザー劣ぴー呼ばれている。三輪車にも乗れる。

沿革[編集]

地球防衛軍ウルトラ警備隊が、ブラコ星人の「人間牧場」を参考に1968年に開設(一説には1988年)。その後、同組織のキリヤマ隊長が天下り、日本電波ぴーグループが設立された。

一説には、「マザーとはノンマルトの事」とも言われて…ぐわっ!

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

アクセス[編集]

どの地点からでも所要時間が同じであるため、アタマの堅い星の住人からは「空想の産物なのではないか?」、「中二病」との指摘が上がっている(ただし、検証可能性を満たしていないため、即時にリバートされている)。

バスではなくタイムマシン」、「実はどこでもドア」という説もある。また、所要時間と距離がイコールでないことは、シャーロック・ホームズが指摘している。

関連項目[編集]


Maiale.jpg このマザー牧場スブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)