マシュマロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「マシュマロの柔らかさがわからない奴とは口を利きたくないな。そういった奴には得てしてウィットやイマジネーションといったものが足りていないからだ。」
マシュマロ について、オスカー・ワイルド

マシュマロ(Marshmallow)とは、第三者に物の柔らかさを伝える際、言葉や文章などにより豊かなリアリティを与えるための表現技法の一種。大抵の物の柔らかさを表現する場合、「まるでマシュマロ(のよう)だ」という説明が付け加えられるだけで第三者はその柔らかさが容易に想像できるようになるが、状況によってはエロスを強調する表現になってしまうことがあるので注意が必要である。

概要[編集]

この世に柔らかいものは多々あるが、それがどれだけ柔らかいものかということを他人に伝えるのは意外と難しい。それは現代において人々が単位や数値を用いて柔らかさを表現する術を持たないことが原因である。身長であればhyde、面積であれば東京ドームといった単位で表すことができるが、柔らかさに関しては未だそのような表現方法は確立されていない。これは、そもそも柔らかさの感じ方には個人差があるというのが大きな要因である。ねこにくきぅの柔らかさこそが至高という人間もいれば、脂肪の多く詰まったバストの柔らかさこそが究極という人間もいる。

しかしながら、「マシュマロ」という単語による表現技法を用いることで、何故か対象の物質の柔らかさ、包容力、肌触り、温度をほとんどの人が容易に想像できるようになるのである。一説によると、耳から入ってきた「マシュマロ」という情報に対してDNAレベルでの反応が起き、アドレナリンを分泌することで興奮状態になった脳がまるでそこにフニっと柔らかい感触の物体があるかのように錯覚すると言われているが、詳しいことは未だ解明されていない。

用例[編集]

  • 赤ちゃんの肌はまるでマシュマロのようだ。
  • マシュマロのようなおっぱいを鷲掴みにしたい。
  • どうですかこのマシュマロのようなマットレス!これでお値段なんと\19,800!(税込)

同名の菓子[編集]

卵白、ゼラチン、砂糖などを原料とする同名の菓子があるが、これも勿論ふにっと柔らかいお菓子である。しかし欧米のマシュマロは直火であぶったり、熱いココアなどに乗せたりしてとろけさせることが多いため、日本のマシュマロと違って常温では柔らくない場合が多い。そのため、日本以外では「マシュマロのように柔らかい」などの例えを用いても上手く伝わらない場合があるため注意が必要である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マシュマロ」の項目を執筆しています。
焼いて食べると美味しい。


この項目「マシュマロ」に足りない内容があると思った方は、持てる手段を使って加筆・訂正してみてください。
そうしないとあなたの家は燃えるかもしれません。不審火で。 (Portal:スタブ)