マナインのジュセ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
マナインのジュセの存在を伝える図形。マナインのジュセを知るものであれば、この図形からマナインのジュセの存在を感じ取ることができる
「大衆とは、すばらしく寛容なものではないか?アングラ以外のすべてに情けを掛けるとなれば。」
マナインのジュセ について、オスカー・ワイルド
「知らなーい」
クッソヘタな絵 について、なでこ
「ウ000000000000000?」
マナインのジュセ について、冥界神ハデス

マナインのジュセ英: Jusse of Manaine)とは、魔術師結社コートによって綴られた バビロンの経典第34部(通称: マナイン)の第四章に登場するヤ・ジュセのこと。 言語圏によってはヤジュセンジュッセンパイヤーとも呼ばれ、信仰の対象となっている[要出典]

一説には排泄物から生まれた神とされており、体色にその名残がある。

概要[編集]

レシ・リザ(マズチ、アマヤ、トーノーとも)という爬虫類に似た生物 [1] を従えており、マナイン第四章の冒頭でもレシを従えて登場する。そしてジュセは、自らの神殿の聖なる門を開く呪文コ・コを唱え、レシを神殿へと招き入れる[2]

神殿に帰ったジュセはレシと親しげに会話するが、やがてレシと交わりその子を自身に宿そうと考える。 レシはジュセの思惑に気付かないまま天上界へと連れて行かれ、互いの体に聖水を擦り込ませて太陽の光を浴びることで体を清める。 そこでジュセは喉を潤すためと称してレシに幻覚作用を持つといわれる聖なる飲み物アイ・スティを与えるが、 その前にジュセはレシの見えないところへ行き、アイ・スティに弱体化の効果を持つとされる魔術ホ・モコロリを込めてレシを弱らせようとした。 これは、ジュセがレシと交わるにはコンレイという儀式をする必要があるためであるからだと考えられている。

そして、レシはアイ・スティを飲み干すと意識が薄れ始めたため、ジュセはレシを暗い所へと連れていき、 そこでコンレイを行うためにレシの体を嘗め回して清めると、驚くレシに聖なる告白をしながらカチ・カチス・マホにウ・ウモーの薬を染み込ませて嗅がせる。 これによってジュセとレシは結ばれ、ジュセはレシと交わりながら、世界に平穏が訪れるとされる呪文イキス・ギィを詠唱したのち、レシと幸福なる接吻を交わして終了する。 こうした内容がマナイン第四章を構成している、と多くの専門家・翻訳者によって示唆されている。

ジュセの末裔[編集]

ジュセは生涯に渡って子を残せなかったと伝えられているが、 一部の学者は北島康介長友佑都鈴木福今田耕司西寺郷太らを、マナインのジュセに顔が似ていることから、彼らがジュセの系譜を継ぐものたちとされている[誰?]

脚注[編集]

  1. ^ 衣服とも食糧とも、また心臓ともされる生命活動に纏わる取引の内容が記録された碑文の刻まれた レシー・トと呼ばれるパピルス紙を背中に埋め込んでいる。これは最も古い硬貨と物資の非対価交換の論拠とされる
  2. ^ この神殿はヤ・ジュセ神殿と呼ばれており、場所は明らかでないが、現在でいう東京都世田谷区北沢の周辺に存在すると考えられている。

関連項目[編集]


ハニベ大仏.PNG この「マナインのジュセ」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「マナインのジュセ」を完成させてください。 (Portal:スタブ)