マネーの虎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

マネーの虎( - とら)は2001年10月から2004年3月まで日本テレビで放送されたテレビジョン番組。

カードや小切手はゆるさない!

司会は総理吉田茂とこれまた総理だった佐藤栄作というビッグカップルの間に生まれた子。即ち、吉田+栄作=吉田栄作である。この番組のオートメーション方式は海外に輸出された。「燃えよ!ドラゴン!」のタイトルでイギリスで番組化されたほか、オーストラリアニュージーランドイスラエルカナダオランダフィンランドでも各国版が製作された。番組製作はピクサーが手がけた。

司会の吉田茂です
イギリス版マネーの虎=燃えよドラゴン

概要[編集]

よい子たちが5匹のの前で、自分がやりたいと思ってるお仕事や叶えたいに関する発表をする。それに対して五虎(四天王+α、マネーの虎と言われる)が札束を積んでくれることを願うゲーム

お金を積む幼き子たち。

おルール[編集]

五虎に対して発表を行う中年男性。虎たちに札束を積む気配はない。マネー不成立か!?
  1. よい子たちは、まず欲しいお金の額を言い、それからそのお金を使ってやるつもりのお仕事や叶える予定のについて熱く騙る。
  2. は、良い子に容赦なく質問を浴びせて、泣かせたり励ましたりし、自分がお金を出してもいいなと思った場合には、札束を自分の前に積んでいく。
  3. 五虎たちの積んだお金を全部合わせて、
    • よい子たちがほしかった金額に達した場合
      「マネー成立です」
      よい子たちの発表 について、吉田茂
      →よい子たちは虎たちからお金ゲッツ→よい子たちはお金をくれた凶暴な虎たちとお話しする→どれだけお金儲けするか予定を決定
      • 予定通り→勝ち組
      • 想定外→虎たちから陰湿ないじめに遭うのが恒例だ。
    • よい子たちがほしかった金額に達しなかった場合
      「ノーマネーでフィニッシュです」
      よい子たち について、吉田茂
      →よい子たちは虎たちからお金を一切ゲッツできない→負け組

虎たちによる陰湿ないじめの具体例[編集]

  • 靴に画びょうは当たり前
  • すべての教科書とノートブックに、法華経が書かれる。
  • よって、先生に教科書を読むよう指名されてもお経しか読めない。
  • どんな感じになるかは墨塗り教科書を参照。
  • ところせましと法華経が書かれているため、ブックオフでは買い取ってくれない。

反則[編集]

以上の反則を犯すと、五による激烈な波動砲を浴びることとなる。最悪の場合、コレラ菌に感染し、嘔吐、下痢の末、会場に併設された簡易式トイレで息絶えることとなる。もちろんマネーを渡せば許してくれる。

実際に使われたトイレと同型のもの。小さい…。

放送がコンテニューするにつれて、たちがよい子たちに対しハートマン軍曹のように検閲により削除検閲により削除といった発言、しまいには虎同士の怒号飛び交うストリートファイトなどに発展することもあった。以上のように一般人常識からは到底考えられないゲリラなやり取りが展開されたことから、週刊誌など一部マスコミでやらせ疑惑が取り沙汰された。もちろん彼らはいつだって大まじめである。


たちは、ネコ科であるので、猫に小判の法則より、そもそもお金の価値を理解していない。よって出演のギャラは受け取らない。その他にも運搬費、飼育料などの費用もすべてたちは知らぬ間に自腹させられている。かわいそうに

主な登場人物[編集]

[編集]

通称「謙虚ライオン」。由来はうどん屋の無計画さに激怒して叫んだ言葉。「~ですわ」が口癖で非常に怖い人である。
通称「堀Q」。出現率はとてつもなく高いが実際に出資したのはわずか。出資しようとしても横から別の社長が入ってきて結局出資できないことも多かった。
あまり感情に左右されない性格で社長特有の偉ぶった態度がない。しかしその一方で志願者の作った料理の材料の選択が気に入らず試食拒否したりとよくわからん。福本伸行漫画のキャラクターに似ている。

志願者達[編集]

  • うどん屋 (希望額2000万円)
最強の志願者。うどんの試食もさせずにずさんな計画だけを提出し、がなり社長には退出され堀Qには呆れられ謙虚ライオンには怒鳴られるとフルボッコだった。
  • とんじき屋 (希望額180万円)
てるやす!

この番組で生まれた名文句[編集]

  • 謙虚ライオン.jpg<謙虚ライオン!!(小林K社長)

•メロメロ(ナレーターが連呼)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マネーの虎」の項目を執筆しています。