マリア・シャラポワ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マリア・シャラポワ」の項目を執筆しています。

マリア・シャラポワ(Maria Sharapova, 1987年4月19日 - )とは、ロシア出身のプロレスラーである。

現在の職業[編集]

大きな声を張り上げてかますビンタをもっとも得意な技としているが、テニス業界の人がこれに目をつけ、「テニスやらせたら強いんじゃねえの?」的な考えのもとテニスをやらせてみたところ本当に強かったので、プロテニスプレイヤーのふりをしている。 某スイス人の「声の大きさは騒音級であり作戦であろう」ともされていたが、最近では某ベルギー人の「彼女はそんなに深く考えていない(られない)」という説の方が有力である。

最近ではサーブ間の20秒を知らせるブザーの音がうるさいなどとクレームをつけているが、マスコミは「シャラポワがそういうことを言えるのか (笑)」と報じている。というのも、シャラポワの騒音は100デシベルであり、これは電車が通過するときのゲートの下なみのうるささなのである。

乳首[編集]

テニス界において乳首とは、「見えてしまうが気にしてはいけないもの」であり、本来プロレスラーであるシャラポワはそのことを理解できていないために付け乳首なるものをつけて隠している。 付け乳首のため彼女を露出狂だと考えているファンが多いように思えるが、それは誤解である。

ライバル[編集]

スロバキア出身のハンチュコワ選手が、自分よりかわいくて背が小さいので可憐なために、一方的にライバル意識を燃やしている。

容姿対決だと、188センチもあり、がっしりしているシャラポワが不利であるが、シャラポワは経済大国である日本アメリカにおいて異常にウケているため、年収ではシャラポワの圧勝である。 テニスの実力はごついほうが強いらしい。

関連項目[編集]