マンジール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症日本語話者たちが不甲斐ないばかりに、ウィキペディア英語版の専門家気取りたちに「Manjil」の項目を先に執筆されてしまいました!

マンジール (ペルシア語: منجیل ; Manjīl) は、イラン・イスラム共和国ギーラーン州ルードバール郡にあるシャフル(市)。

地理・気候[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギーラーン州」の項目を執筆しています。

ギーラーン州南部の岳地帯に位置する。ギーラーン州はイラン北部のカスピ海南岸にあり、その南部はアルボルズ山脈の険しい山岳地帯である。マンジールの街はアルボルズ山脈に渓谷を穿つセフィード・ルード(ペルシア語で白い川の意。流れているのは普通のであり、白濁してなどいない)の東岸にある。ガズヴィーンの高原地帯からカスピ海沿岸の低地を結ぶ細長い地域にあるため、強風が吹くことで知られている土地である。強風を除けば、カスピ海に近い地方にありがちな、暖かい気候をもつ。しかし別に湿っているわけではなく、乾燥しているようだ。ギーラーン州は年中降水量が多く、温暖湿潤(あたたかくてしめっている)な気候で知られているのだが……。

マンジール・ルードバール地震[編集]

マンジール・ルードバール地震とは、1990年6月21日午前0時30分に発生したマグニチュード7.4の地震である。震源はマンジールの北方約30km(北緯36度57分25秒、東経49度24分32秒)、震源の深さは19kmだった。マンジール、ルードバールおよび周辺の村々が壊滅的な被害を受けた。どうでもいいが、この地震の名前を何度も繰り返して言うと、社会的地位を失いかねない言い間違いをする可能性が急上昇するように思われる。

関連項目[編集]

この項目「マンジール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)