マンチカン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マンチカン」の項目を執筆しています。

マンチカン(英:Munchkin)とは、世界で最も凶悪な殺人動物。有史以来マンチカンによって命を絶たれた人間は数知れない。この危険な動物は日本にも生息する。

生態[編集]

肉食獣であるマンチカンは、優れたハンターとしての条件をほぼ全て備えている。鋭い、しなやかで強靭な筋肉を保有するその外見は、限りなくに近い。顔の前面に位置する目は獲物との距離を測るのに適しており、また聴覚、嗅覚共に鋭敏である。生物の長い進化の歴史の果てに誕生した、捕食動物の一つの理想形と言ってよいだろう。しかし、その割にはものすごく足が短い

性格は個体差が大きく、警戒心が強くて人間に寄り付かない個体もあれば、反対に好奇心旺盛で自ら接近してくる個体もいる。マンチカンにとってはただじゃれているだけのつもりでも、貧弱な人間にしてみれば深刻なダメージを負わされかねない。したがって、もしもマンチカンに遭遇したなら、ただちに距離を取り、逃げる準備をするのが得策である。事実、総じて彼らの性格は獰猛の一語に尽き、動くものとあらば獲物であろうとなかろうと容赦なく襲いかかるのである。

殺人の謎[編集]

ワニスズメバチサソリ、毒、毒蜘蛛など、人間の生命を脅かす動物は数多く存在する。その中でもマンチカンは別格で、この生物によって死亡した人間の数は、世界で年間2万人を超えるという試算もある。しかし、実はマンチカンの殺人方法やその目的はよくわかっていないのが実情である。死体を検死した限りでは、噛み傷や切り傷といった外傷は全くなく、なんらの毒も検出されることはなかったという。食べるためでもないのに人を襲うというのは極めて悪質だとする意見もあるが、野生動物は基本的にそのような無駄な行為はしないはずである。こうした矛盾が、生物学者たちの頭を長年に渡って悩ませ続けてきた。

そこで近年有力視されているのが、「マンチカンの姿を見ただけで死ぬ」という仮説である。マンチカンの奇妙でアンバランスな姿態が、見る者の脳を極度の混乱状態に陥らせる。同時に、このままでは食い殺されてしまうのでは、という恐怖がショック死を招くというのである。確かに突拍子もない説ではあるが、裏づけがないわけではない。マンチカンに遭遇した人間は胸を掻き毟り、目をいっぱいまで見開き、呼吸は荒くなり、果ては地面を転げまわって悶絶するという報告例がなされている。ただし、これらはあくまでも傍証でしかないことに注意を要する。上記したようにマンチカンの外見はよく知られている。換言すれば、マンチカンに遭遇しても助かった人間が多数いることを意味する。

公認団体[編集]

マンチカンという特定の種は存在せず、突然変異によって誕生する。最大の特徴はなんといってもその短い足なのだが、これが子どもにも必ず発現するかといえばそうではなく、確率的には二割程度だという。こういった事情からマンチカンは希少種としての一面も持ち合わせており、その保護と育成を目的としてTICAなる組織が結成された。このTICAが公認しないことにはマンチカンはマンチカンたり得ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

まさに動くぬいぐるみ。萌え死ぬ可能性があるので閲覧は自己責任で。
この項目「マンチカン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)