マンモス校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マンモス校」の項目を執筆しています。

マンモス校(-こう、:Mammoth School)とは、マンモスの通う学校である。ロシアのシベリア地方に多い。日本では北海道に1校存在する。

概要[編集]

北海道マンモス校の初代校長の像

その名が示す通り、マンモスのマンモスによるマンモスのための学校である。6歳から18歳までのマンモスが通う。教師陣も全員マンモスである。校訓は『マンモスでなければマンモスに非ず』。

絶滅を危惧されるマンモスとあって生徒数は少なく、1校に100頭程度が普通である。ただし校舎はマンモスの体形に合わせて、人間の学校よりも天井高で約2倍、延べ床面積で約4倍の大きさである。3階建の校舎は実質6階建てとなるため、マンモス校が地方にある場合は非常に目立つ大きな建物となる。このことから、人間界でも非常に大きな学校のことを「マンモス校」と呼ぶことがある。

歴史[編集]

紀元前5000年頃、氷河期が終わり温暖化が進むなかで、マンモス達は植生の変化に耐え切れず絶滅寸前となった。人間の狩猟の対象となったこともこれに拍車をかけた。このままではマンモスが絶滅してしまうと危機感を抱いた1頭の老マンモスが、自分が体得した「絶滅しない方法」を若いマンモス達に教えようと学校を設立したのが祖である。当時のマンモス校は天井の無い岩陰での集会が基本であり、自分達を狩ろうとする原人たちに怯えながら授業を行っていたとされる。

日本では縄文時代の紀元前2000年頃に、マンモス村の村長であったギアトル・マンモーが縄文人の反発に遭いながらもマンモス校を設立し、そのおかげで頭数は少ないながらも現代までマンモスは生き残った。マンモス校のある北海道夕張市では、登下校中のマンモスの群れが日常風景の1つとなっている。

教育内容[編集]

グラウンドで運動するマンモス達。後ろの校舎は人間の校舎の2倍の大きさである。

マンモス校では主に次のことを教えている。

絶滅しない方法
氷河期が終わって温暖化が進み植生が変化したため、嫌いなじゃがいもアスパラガスを食べるように指導する。また、近年はマンモス保護法が制定されたため教えることは無くなったが、制定以前は人間の狩猟に対抗するため体育の授業にも力を入れていた。
牙を伸ばす方法
マンモスの象徴である牙を伸ばす方法を教える。牙が長いほど立派なマンモスであるとされる。牙を伸ばすのに必要なのは、豊富な栄養(やっぱりじゃがいも)と気合である。ただし伸ばしすぎると自分に刺さるため(『キン肉マン』のマンモスマンが一例)、何事もほどほどにである。
進学・就職指導
マンモス大学への進学や、マンモス企業への就職をバックアップする。これに入れたらマンモスラッキーである。
姉妹校・交流
長野県諏訪市のナウマン校は、北海道校と姉妹校関係にあるが、青函トンネルを通れないなど生徒の移動に関して問題が多すぎる為、交流内容は教員の研修レベルに留まっている。

問題[編集]

マンモス校も人間の学校と同じように、様々な問題に直面している。

少子化[編集]

マンモスに少子化問題は付き物である。マンモス達は数千年に渡ってこの問題に悩まされ続けてきた。特に近年は性行為に関する物事が忌避される傾向があり、マンモス用のアダルトビデオも数が少ないため、性に対して充分な知識を持たないマンモスが増えていることもこの問題の一因である。マンモス校としては保健体育の授業に力を入れる方向で対策に乗り出している。

学級崩壊[編集]

学級崩壊を起こすマンモス校もある。マンモス校の学級崩壊は人間のそれとは比べ物にならない。何しろ壁は崩壊し、床は突き抜け、校舎は傾く。このため常に改装工事状態のマンモス校も多い。

給食費未納[編集]

マンモスが食べる量は人間と比べ物にならないので、給食費も莫大である。このため、中流階級より低いマンモスの給食費未納・滞納が問題となっている。

就職難[編集]

マンモス界にも不況の嵐は吹き荒れる。日本では1990年代初頭にバブルが弾けて以来、マンモスの就職率が下がり続けている。1990年代後半には、安定しているとされたマンモス企業の倒産も目立った。マンモス校ではこの就職難を乗り切るため、生徒にサーカスでも食っていけるよう芸を仕込んでいる。

関連項目[編集]


この項目「マンモス校」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)