マーマレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マーマレード」の項目を執筆しています。

マーマレード(marmalade)とは、果実の惨殺体である。

処刑[編集]

無残な姿に。
美味しさ最大限。

その身体を足の先から1~3mmずつ切り刻み、その肉片をそのまま砂糖で煮込む方法と、あらかじめ全身の生皮を剥ぎ取っておいて、やはり足の先からその身体を切り刻んで同じ鍋で煮込む方法がある。どちらにしても残虐であることには変わりないが、後者の方が皮の渋味を抑えることが出来るらしく、一手間余計にかかるものの人気である。

なぜ一思いに殺さないのか?[編集]

どうしてこのような残虐な方法を用いて果物を殺すのであろうか。まず一思いに息の根を止めてから、その後じっくり料理してやればいいものを、かくも人類とは残虐性を志向するものであるのか。古来より一部の偽善者どもによって熱い議論が交わされてきた話題であるが、実際のところは単に「死ぬ前に苦しめた方がアドレナリンを多く放出し、食材の旨味が引き出されるから」であり、この手法は今も韓国肉料理などで見ることが出来る。

余談[編集]

関連項目[編集]