ミジンコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミジンコ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ミジンコ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ミジンコ」の記事を執筆しています。

ミジンコとは、謎の多い微生物である。

概要[編集]

擬人化されたミジンコ。
環境次第では片方或いは両方がオス化する可能性がある。

ミジンコはミジンコ目ミジンコ属の生物を総称するもので、全世界規模で分布する水棲微生物。頭部以外は甲殻に覆われ、横から見るとヒヨコのように見えるのが特徴である。

その生態の特徴として、フタナリ属性を持つことが知られている。基本的にはメスであり自家生殖でクローンを生むが、環境が悪化するとオスの特性を持つようになり有機生殖を行う。その際にはクローンではなくを産む。つまりフタナリ娘による孕ませ行為である。余程環境が悪化しないとオス化せずクローンで増えるにも関わらず[1]、地球全域で反映しているのは明らかに生物学的におかしいが、これは未だに解明されていない。因みにミジンコは遡るとオリジナル個体が4つしかない[2]とされており、文明がないにも関わらず世界へ発展していけた理由も不明。

またフタナリ特性故か遺伝子が異様に複雑であり、DNAは人間より8000ほど多いという研究結果が存在する。にも関わらず進化もなにもせず水中を漂って、栄養が余ったら娘を産むだけの怠惰な生活を続けている理由も不明である。人間が観測出来ていないだけで、高度な文明をもっている可能性もあるが[要出典]

ミジンコと人類[編集]

鑑賞魚のエサになるミジンコ

人類にとってはミジンコはあまりにも小さすぎ、「微塵(=小さい)子」という名前からもザッパに扱われていることが伺える。基本的には鑑賞魚のエサや環境指標としての活用に留まり、有効な関係は築けていない。しかしミジンコの中にはバーチャルネットアイドルになったりする個体もおり、必ずしも無関心というわけでもないと思われる。

脚注[編集]

  1. ^ 基本的にクローンは遺伝的多様性を持たず遺伝子的に淘汰されやすい。
  2. ^ 人間の場合は、今で言う南アフリカに発生したイブさんがオリジナル個体。つまり人類は全員アフリカ人である。

関連項目[編集]