ミハイル・アルツィバーシェフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

これがサーニズム
「ほぼイキかけました。これが私のエログロナンセンスです。」
ミハイル・アルツィバーシェフ について、筒井康隆
「参考にします。」
ミハイル・アルツィバーシェフ について、美嘉
「ほぼイキかけました。」
ミハイル・アルツィバーシェフ について、イチロー

ミハイル・ペトローヴィチ・アルツィバーシェフ(Михаил Петрович Арцыбашев、1878年 - 1927 年)は、19世紀後半から20世紀前半のロシア文壇を代表するエロラノベ作家。主に近親相姦(つまり妹とアーン♥♥する)やエクストリーム・自殺の推奨を行ったの先駆的指導者である。まだ三十代で、脂がのってきた時期にロシア革命が起こって、文学活動を禁圧され、大したことができなかった不運な作家の一人である。

代表作[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ダース・ヴェイダーの正体はルーク・スカイウォーカーの父親であることや、U.N.オーエンの正体はローレンス・ウォーグレイヴであることや、綾波レイは何人もいることや、暁の黒幕はトビことうちはマダラ、と思わせておいて実は「死んだ」と思われていたうちはオビトであることや、シュウジとちせだけが生き残ることや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、本郷猛は死んでしまうことや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

サーニン[編集]

タイトルと同じ名前の変態青年が検閲により削除をする小説。当時のロシア人青年の間で熱狂的に支持され、「サー二ズム」という言葉まで生んだ。

  • 本文中から一部抜粋
「あっ……ぁんっ……ああっ……あふぅっ……ああんっ……ん...ふはぁXXXXんんんぁ、おXXXX。いいいっX..しxx死ぬ!..あっ……ぁんっ……ああっ……あふぅっ……ああんっ……!熱いわ あふぁ」

あらすじをいうと、

  1. ロシアで自由人を気取るサーニン
  2. そのがイケメンの軍人に誘惑されてやったら妊娠
  3. サーニン激怒
  4. 軍人自殺
  5. 妹のお隣さんが婚約していたにもかかわらず妹に惚れ、告っちゃう
  6. 妹悩む
  7. サーニンは友達の恋人とノリでやったらできちゃった
  8. 友達自殺
  9. サーニン「これでいいのだ

終わり              

  • 最後の一線」この小説でエクストリーム・自殺のブームを引き起こした。
  • ランデの死」知らん。
  • 人間の波」知らん。

後世への影響[編集]

  • 現在も一部のマニアの間で密かに読み継がれている。
  • 筒井康隆は少年時代、アルツィバーシェフの本を片手に、検閲により削除

補足[編集]

関連項目[編集]

この項目「ミハイル・アルツィバーシェフ」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)