ミリオタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Nuvola apps important yellow.svg 警告
この記事は暴力的な内容が含まれます。危険ですので絶対にマネしないで下さい。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ミリオタ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ミリオタ」の記事を執筆しています。
「100分の5mm単位まで余裕で目視で測れますが何か?」
アナログノギス について、シンワ測定

ミリオタとは、オタクの分類の一種である。細部にこだわるあまりに「あと2mmくらい」とか「1mmからが減らない」とか「このアナログノギス、10分の1mmまで目視で測れるゼ」などとミリミリ言っている事が多い。

概要[編集]

とにかくやたら細かい[1]。大抵潔癖症で完璧主義。拒食症ぎみで食わず嫌いな一面もある。職人気質と言えば聞こえはいいが、「開放感が足りませんね」などと言って家ごと爆破する場合もあるので油断大敵マインクラフトの世界では毎年プレイヤーの死因のトップ3に入っている[2]

「コマけぇ事はいいんだよ!」などと言われると大抵激昂して手が付けられなくなるので取扱注意。危険人物と紙一重の存在である。不発弾処理と同じく、取扱は相応の資格のある人に任せる事が望ましい。

オタクに分類される事も異様に嫌う[3]。分類も細かくしてやらないとお気に召していただけない。

主な能力[編集]

今日もまた、一人のミリオタが爆発した。
別角度から見た爆発の様子。
爆発させた張本人。

爆発する程度の能力。内部に火薬が詰まっており、火気厳禁。衝撃を与えるなども、もってのほかである。

ビッグバンはミリオタの仕業ではないかという説もあるくらいなので、やるなら現宇宙外でお願いします。

火薬の成分[編集]

軍事関係に関する知識が多いほど危険度が上がり、中には心理戦なども心得ているタイプもあり、一般的には非常に危険視され恐れられている。

しかし、戦時中の凄惨さなどの知識も備えている場合は燃焼が穏やかとなり、吸熱反応を示す場合もあり、一概には言えないというのが現状である。

タイプ別の主な分類[編集]

大雑把に紹介。下記タイプはさらに陸・海・空などに細分化できるが、細分化しているとキリがないので概要に留める[3]

兵器に詳しいタイプ
このタイプの前で兵器に関して迂闊に発言すると、兵器に関して長時間平気で説教をしてくるので謹んだ方がいい。戦争自体は兵器が傷つくので嫌っているようなタイプもいる。
兵器の諸元や設計・構造に詳しいタイプや、実際の運用に詳しいタイプ、などに細分化できる。
現代兵器に留まらず、SF兵器にも詳しいと通常の会話がSFっぽくなってくる[4]
戦争史に詳しいタイプ
兵器というよりは国や将校など、人間の動向に焦点を当てているタイプ。まだ話は分かる奴が多い。定跡は知っているタイプ。
人間という生き物の内面を知っている傾向があり、人殺しには向いていないタイプが多い。衛生兵には向いている。
戦争ゲームに詳しいタイプ
戦略とか戦術とか心理戦も心得ているタイプ。兵器やその歴史というよりは、ゲーム寄りの知識に特化しているタイプ。実技だとサバイバルゲーマーなど。
PCゲームだとFPSゲームに詳しかったりするが、NAVYFIELDの感覚でWorld of Warshipsでは無効な主砲での対空射撃に精を出してみたりと、少々抜けている場面を見せる事もある。
2Dのスクロールシューティングゲームや格闘ゲームなどの他にも、囲碁将棋などのボードゲームも強い事が多い。
複合系
兵器も戦争史もゲームも得意な奴とか居たらもうね、勝てる気がしない。
また戦争ゲームと兵器に詳しいタイプなのかと思われるが、PCパーツにやたら詳しいタイプも存在する。

処理方法[編集]

タイプ別に扱いが異なるが、基本的にはまず雷管を抜いた後に、内部の火薬を徐々に取り出し無力化させる。

対象には取扱説明書が付属している場合もあるので、それがあればその通りにした方が良い。悪い事は言わないから。

厄介なタイプは地中に埋まっている地雷タイプで、上層部を取り出せたと思ったら下層に別の個体が存在していて、その下層部分の爆発で死傷者を出した事例が幾つも報告されている。金属探知機の他にも地中3Dスキャナーなどの専門機器が扱えないと手が出せないため、一般人が地雷タイプを発見した場合は、対象には触らずに近くにフラグを立てておくだけにし、予防線を張るくらいしかやれる事は無い。

近年の試み[編集]

  • 「毒をもって毒を制す」のことわざがあるとおり、厄介な地雷タイプのミリオタにはこちらもミリオタで応戦という事で、潜んでいる付近に無人機を使ってミリオタを設置して爆発させ、誘爆により処理する方法が注目を集めている[5]
  • 特にフロム脳と呼ばれるアーマードコアのプレイヤー層はガチのミリオタで構成されており、ミリオタの、ミリオタによる、ミリオタのための講座が開催されてたりする[6]

その他・備考など[編集]

  • 薬莢付きで弾丸が飛んでいく映像表現に苦言を呈するミリオタもいるが[7]、実はこれはミリオタではない一般人にも"銃弾が飛んでいる"という事を分かりやすく伝えるための手法として定着しており、多くのPVなどで取り入れられている[8][9]
  • 「ミリオタ恐怖症」や「軍事アレルギー」を発症する人が一部存在する事が報告されているため、猫アレルギーやミサイルの最低交戦距離と同じく、ミリオタはその方々からは一定の距離を置いた方が良いと言われている

脚注[編集]

  1. ^ "【GUN】うちのテトがガンカタを覚えたそうです【KATA】". 犬風邪P (2011年9月2日). 2018年6月19日閲覧。
  2. ^ "【Minecraft】ゆかり「メイジタワー爆破しましょう」part1【VOICEROID+実況】". きゆみやま (2013年4月28日). 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ a b "両さんが解説するミリオタの分類". ネタ画像置き場 (2012年12月2日). 2018年6月19日閲覧。
  4. ^ "軍事評論家による架空世界の兵器解説 その4". m.m (2011年9月16日). 2018年6月19日閲覧。
  5. ^ "ドローンで地雷を駆除。Mine Kafonプロジェクトが目指すもの". DRONE.jp (2016年8月22日). 2016年6月19日閲覧。
  6. ^ 【DMINE】ACでミリタリー入門:第一回【ACMIL】. HG3だった人 (2008年5月23日). 2018年6月29日閲覧。
  7. ^ "ハンドガンの簡単な解説". 犬風邪P (2012年5月27日). 2018年7月11日閲覧。6:48~7:07辺り。
  8. ^ "Bull's Eye / nano". Tokyo Otaku Mode (2015年10月2日). 2018年7月11日閲覧。3:03辺り。
  9. ^ "Dogfight2". impulse (2003年末). 2018年7月11日閲覧。2:56辺り。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ミリオタ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。