ムハンマド・オマル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
爆弾から気持ちイイお薬にいたるまで、お客様のご要望にお答えします。ぜひ一度お電話を。
この方は亡くなられました?
心からご冥福をお祈りしたいところですが、無理です。イスラム原理主義者に抹殺されてしまうので…

ムハンマド・オマル(ملا محمد عمر Muhammad Umar、1959年頃 ‐ 2013年)とは、世界的に有名なボーイスカウト団体の団長さんである。

近況[編集]

現在は穴兄弟と共にパキスタンにてひきこもり生活を送っているとウワサされていたが、当然の如く既に冥土へアップロードされている。また、思わずクスっと笑ってしまいそうなその名前から、幼児がをひり出す際に使われる道具と混同されがちだが、そんな事をモスクでコソコソと話したりしようものなら、偉大なアッラーの名の下に検閲により削除なのであった。

概要[編集]

オマルは逃亡前夜、自宅のテレビで静かに同時多発ゲリラライブを楽しんでいた。しかし、当の本人がライブの後片付けそっちのけで帰って来てしまった為、美しい国からはるばる魔法のじゅうたんを使いお越しになられていたニューヨーク市警のアフガン全土に及ぶ大規模なガサ入れに巻き込まれてしまう。当時、自らが率いるボーイスカウト団体の団員達が栽培していたケシから気持ちイイお薬を作っていたオマルは、それを名目にアブグレイブ刑務所にブチ込まれる事を恐れ、同日深夜、仕方なくお隣のパキスタンに夜逃げした。俺は何も悪くないのに。

ちなみに、現在のアフガニスタン気持ちイイお薬の製造を仕切っているのは、同国大統領であるハミード・カルザイ氏の実の弟のアフメド・カルザイ氏であると言われているが、そんな事は絶対にありえない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ムハンマド・オマル」の項目を執筆しています。
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。