メジロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メジロとは、うぐいす黄粉色をしたスズメ目メジロ科の小鳥。いろいろな意味で不運な鳥である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メジロ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

目のまわりのはっきりした白いアイラインが1990年代後半に流行ったガングロメイクの様に愛らしさを強調しており、背中のうぐいす黄粉色[1]が春らしい雰囲気をかもし出している、とてもとても可愛い小鳥である。

日本国内ではわりと普通に見られる。ウィキペディアによれば警戒心が緩いらしい[2]。果物や花の蜜など甘いものが大好きで、野鳥界のスイーツ(笑)とも言われる。日本画には「梅に鶯」を題材としたものがよくあるが、実際には警戒心の強いウグイスは竹やぶの中にいることが多くて梅の枝のような目立つ場所で姿を見かけることはほとんどなく、描かれているのはまず間違いなく本来ならメジロのはずであるのに、手柄はウグイスのものにされてしまっている[3]

メジロはさえずる声も非常に美しい。しかしその方面でもウグイスの影に隠れている。

長寿[編集]

日本国内では鳥獣保護法によって、野生のメジロを捕獲して飼育することは禁止されている。そこでどうしてもメジロを飼いたい人は中国から輸入されたメジロを買って来ることになる。このように輸入されたメジロは非常に長寿であることが有名で、中には昭和30年代に輸入された個体が現在でも若々しくさえずっているらしい。ときどき突然若返ったりいきなりどう見ても別の鳥に生まれ変わったりしているように見えるが、気のせいだろう[4]

料理[編集]

メジロはまた食べても美味であるという。羽をむしったメジロを酒蒸しにしてや米麹とともに重石をして漬け込んだものは「めじろ押し」として好事家たちの間では珍味としてもてはやされている。もちろんこれにも、日本産の貴重な野生メジロを使うわけにはいかないので、中国からの輸入品が使われている。

注釈[編集]

  1. ^ この色を「うぐいす色」であるという人もいるが、ここらへんのめんどくさい話についてはウィキペディアのウグイスの項目に詳しくあるので参照のこと。この項では「メジロの色はうぐいす黄粉色であってうぐいす色ではない」という執筆者の独自説に拠らせていただいた。
  2. ^ 執筆者は政令指定都市在住だが、冬場になると毎日のように目の前30cmくらいのところを横切っていくメジロに遭遇する。よくぶつからないものだ
  3. ^ ここらへんのことはウィキペディアのメジロの項目を参照のこと。
  4. ^ 密猟した日本産野生メジロだの、ひそかに繁殖させた違法メジロだのを飼うために、ずっと昔の1枚の輸入証明書を何度も使いまわして繰り返し何羽ものメジロを輸入メジロに偽装していた、という話もあるが、こんな可愛い小鳥さんを愛する人たちがそんな詐欺まがいのことをするはずはないので、多分嘘だろう。

関連項目[編集]

この項目「メジロ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)