メテオス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メテオス」の項目を執筆しています。

メテオスとは、任天堂が開発をしていたニンテンドーDS用のオプション武器。独立行政法人Nintendo lNSIDEの協力の下製作されていたが、製作中にNintendo lNSIDEが爆発、成果は炎の中に消えた。今ではその存在を知るものは限られている。

概要[編集]

任天堂に謀反を働き、武装勢力「楚羅(SOLA)」を起した元任天堂山梨支部HAL研究所スマブラ部の天才・桜井政博が発案した最終兵器。Nintendo lNSIDEからの全面支援で大規模な開発が進められた。後にネット対応版やディズニー対応版も製作された。

原理[編集]

広義には弾道ミサイル砲台の一種とされるが、その原理は大きく異なる。メテオスは鉄くずから生物まで、あらゆる物質を取り込み、弾丸となるメテオと発射に必要なエネルギーを生成する。メテオは直径10mほどの岩石(当然材料によって組成は変わる)であり、上部の砲台から秒間160発で打ち上げられ、目標地点に落下する。ただの岩とはいえ広範囲に止め処なく降り注ぐメテオを防ぐことは不可能であり、核に代わるクリーンな大量殺戮兵器として期待されていた。

事故・事件[編集]

開発中にメテオのエネルギーが暴走、研究所の周囲半径1kmを巻き込む大爆発が起きた。都市壊滅、死傷者数千人の被害を出したこの爆死をメテオス・ショックと呼ぶ。

事件後、メテオや重力の管理、ジオライトとの連携に問題があったことが発覚、Nintendo lNSIDEの責任が追求された。Nintendo INSIDEのメンバーは、任天堂議会からは見捨てられ、外に出ればタッチペンを投げつけられ、家では脅迫メールにおびえる日々が続いた。「ここから消えてしまいたい」というメンバーの思いを見透かしたかのように、戦犯処理では宇宙流刑に処され、全員メテオに積まれて宇宙のかなたへ排出された。その後の所在は明らかではなく、現在ではWebサイトが唯一の生存確認の手段となっている。

関連項目[編集]