メディア土方

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メディア土方( - どかた)とは、テレビ局や大手広告代理店と呼ばれる小国が養う奴隷である。

概要[編集]

メディア土方には大別して二種類がおり、番組制作土方とアニメーション制作土方である。後者はアニメーターとも呼ばれる。 テレビ局や大手広告代理店は、トヨタ王国のように大きな王国を作れないため財政規模は小さく、国内外への領土国大も難しい。そのために奴隷を飼っており、必要なときに利用することになっている。

土方ほどに業務用カメラを軽々と持てるほどの体力が要求される。大道具に至ってはやっていることが土方と同じである。しかし、密封された屋内での作業が多いため、環境アセスメントや周辺住民への配慮が厳しく求められる土方とは異なり、所有者は時間を取り放題である。このあたりはデジタル土方と似ている。その上、ソニーパナソニックとメーカーは異なるものの、特殊な専門機材無しでは何の仕事もできないという点についてはピペット土方と共通しており、メディア土方は土方の中の土方と形容することができる。

番組制作土方[編集]

番組制作土方は、国に対してはご恩と奉公の関係にある。敵と戦い戦火をあげると討ち取った敵の数に対して視聴率といわれるポイントが与えられる。その視聴率に応じて国はわずかばかりの穀物を奴隷に与える決まりとなっている。 しかし、あるある地方での戦闘で功績をメディア土方が偽ったほか、他にも似たような例が相次いである。この際初めて部隊名称が衆目にさらされるという事例も決して珍しくはない。つまり、この封建契約においては、所有者が全ての報奨や名誉を得る代わりに、責任は全て奉公する側が被るものとなっている。

アニメーション土方[編集]

こちらのタイプでは多くがオタクといわれる人種であり、この民族は伝統的に釘宮病中二病ゲーム脳などの病気に多く感染している。 通常、中二病などは年齢と共に回復するものであるが彼らはそれを持ち続けることで、作品の中に取り入れている。 テレビ局に属する国ではこれらの人種が迫害されており低賃金で働き、批判する街宣広告がなされている。これは少しでも奴隷に対する締め付けを緩ませると、伝統的に職人に対する畏敬の念がある日本では容易に転職先を見つけて逃げられかねないからである。

メディア土方を養う国[編集]

メディア土方の人となり[編集]

昨今一律に矢面に立つことが多いこれらの国々であるが、これら集団が持っている威容の源はこのような絶対的なヒエラルキー体制にあるといえる。この点ではローマ・カトリックやかつての一向宗と多大な共通点が見られる。これらは国ではなく、日本放送教会という宗教団体ではないかという説も囁かれている。

あの金食い虫と揶揄される地方公務員にも結構な割合で定期的に連絡をとりたくなるような人間が多数いるという、アジア的やさしさに満ちあふれた理論は、彼らメディア土方にも当てはまる。この人、今すぐみのもんたとすげ替えた方がいいんじゃないかと思うような人もいる。「人を平気でこき使う無責任悪徳大企業は、厳正に取り締まらなければいけません。」と、社民党福島みずほ党首が仰っていました。

関連項目[編集]


この項目「メディア土方」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)