メモ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メモとは、ストレス発散を目
  メモとは、覚書とも呼ばれ、文字通り覚えておくために書かれたメモ記録のことである。
  ↑保留。もうちょっとかっこよくまとめる。
          記録って言葉は語弊があるか?
          windowsのメモ帳も書いた方が良いのか?

故に、格好などは気にされていなことが多く、走り書き、単語の羅列などが主な(文体?)となる。

  • 主な目的

忘れないために書く
頭の中で文を練るときの手助け・手がかりとして
電話番号など、簡単に伝えられるものを相手に伝える手段として

  • 形式←他の単語当てる

メモには決まった文体などはなく、たいてい自分が見やすい形に自由に著され書かれる。
整形がされていないため、誤字や脱字が直っていなかったり、順序が入れ替わっていたりする。


この字であってるか確認

 本人が気にならなければ別に問題は無い困らないものなので、特に決まった定義も無い。
Λ
用途的に




   内容不足。後で膨らませる


                「主な目的」を「形式」の下に

関連項目


あと特に思いつかない。保留。


                                           
15:12 カワハラさん
   tel 折返

    シャーシン買い足し