メロンソーダ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
メロンソーダ
Soft drink bw.svg
一般情報
IUPAC名炭酸メロンナトリウム
英名Sodium melorate
carbonate
化学NaMeCO3
式量83+etc
形状液状 カップ・ストロー
付の場合有
性質
密度と相1g/cm3ぐらい, 液体
DHMOへの
溶解度
基本的に溶解済
融点273Kぐらい
沸点373Kぐらい
一応なるべく国際単位系使用
&標準状態下。

メロンソーダは化学式NaMeCO3の化合物。IUPAC名は炭酸メロンナトリウム(Sodium Melorate Carbonate)だが、一般的にはメロンソーダで呼ばれることが多い。

性質[編集]

白色の粉末状の物質であり、に易溶である。また潮解性が非常に高い為、空気中での固体の取り扱いは非常に困難である。そのため、通常は水溶液の状態で取り扱われる。水溶液は緑色であり、ほぼ無臭であるが口に含んだ際に甘みと強い刺激が感じられる。

製法[編集]

工業的には、天然のメロンの果汁に水酸化ナトリウム二酸化炭素を反応させて製造する。

人体への毒性[編集]

粘膜を侵す性質があり、水溶液を口に含むと強い刺激が感じられる。大量に摂取した場合、のむかつき、膨満感、げっぷ、吐き気の原因になる。しかしその水溶液は特徴のある緑色のため、比較的誤飲事故は少ないが、一部愛飲するものがいるので消費者庁が注意を呼びかけている。

慢性毒性として、腹部全体の腫脹を示すことが報告されている。

利用法[編集]

水溶液はアイスクリームを浮かべることができるという性質を持つ為、アイスクリームの保存、運搬に利用されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メロンソーダ」の項目を執筆しています。