メンデルの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メンデルの法則」の項目を執筆しています。

メンデルの法則( - ほうそく)とはオーストリアの司祭グレゴール・ヨハン・メンデルが発見した法則。遺伝学の先駆けとなったとして過剰に評価されていることが多い。

概要[編集]

メンデルは、1853年から1868年という気の遠くなるような長い年月をかけて、エンドウマメの交配実験を行った。この結果、優性の法則、分離の法則、独立の法則といった一連の法則を発見したのであるが、まぎらわしいのでメンデルの法則と総称することになった。ウィキペディアでは、「遺伝子型でいう優性とはそれが優秀であるという意味ではない」と記されているが、これは真っ赤なである。なぜなら、例えばハゲよりも髪の毛ふさふさの方がモテるし、一重目蓋より二重目蓋の方が見栄えがいいし、デブよりやせてる方がキモくないからである。これは人間だけでなく他の動物でも同じで、しかも選ぶ権利は常にメスにあるという理不尽さ。まさに男はつらいよである。

詳細[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「優生学」の項目を執筆しています。

メンデルが実験を行ったエンドウマメや、生物の教科書に載っているようなショウジョウバエは我々には馴染みがないため、ここでは優れた遺伝的性質を持つアーリア人と、世界中で毛嫌いされている劣等人種であるユダヤ人を例に挙げて説明する。

純系アーリア人の形質をAA、純系ユダヤ人の形質をjjとし、これらを交配させる。子に伝わるのは2つある遺伝子のうちどちらか一方であるので、その子が受け継ぐ遺伝子の組み合わせはAjとなり、見目麗しいアーリア人として生まれ、醜いユダヤ人としての形質は顕現しない。ただし、半分だけダビデの星のワッペンを胸に付ける必要がある。次に、このAjの遺伝子を持つアーリア人とユダヤ人のハーフ同士を交配させると、その組み合わせはAA、Aj、Aj、jjの四パターンになる。また、最高に秀でた人種であるアーリア人の子と、見た目はアーリア人なのに半分だけバビロン捕囚される子や十戒のうち五つだけを遵守する子と、アウシュヴィッツに収容されてガス室送りにされる子の出現する割合は1:2:1である。これが優性の法則と分離の法則である。

次に、独立の法則を説明する。Nは嘆きの壁聖書を読み、nは断食をする遺伝子。Sは商才に長けており、sは選民思想に凝り固まっていると仮定する。NNssのユダヤ人とnnSSのユダヤ人を掛け合わせると、NnSsとなり、子は必ず嘆きの壁で聖書を読誦するずるがしこいユダヤ人になる。この子同士を掛け合わせて誕生した孫は、嘆きの壁聖書を読誦する守銭奴ユダヤ人と、嘆きの壁でブツブツ言う選民思想に囚われた猶太と、断食をする商魂たくましいユダ公と、拒食症で選民思想のどうしようもないJewという遺伝的性質を持つ。出現する割合は9:3:3:1である。これらのことから、二種類以上の形質には相関関係はなく、独立して遺伝することがわかる。つまり、鷲鼻であれば必ず割礼するわけではない、ということである。

ちなみに、独立といってもシオニズムとは関係ない。

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー!
このメンデルの法則は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)