メン・イン・ブラック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

メン・イン・ブラックとは、宇宙人UFOに遭遇し、確たる証拠を持つ人々を騙して証拠品を持ち去ったり、隠蔽工作を行う団体である。隠蔽のためなら何でもするという勢いであり、時には脅迫まがいの行為(例えば留守宅の捜索など)も使う。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メン・イン・ブラック」の項目を執筆しています。

概要[編集]

メン・イン・ブラックを題材にした映画。肌の色まで黒の人もいる。

目撃者や遭遇者による証言では、黒いスーツに黒いサングラス、黒塗りの車に乗っているという。更には、ネクタイ、帽子、髪の毛まで黒であり、余程の黒好きであると思われる。白の部分はシャツくらいしか無く、彼らの独特な独自の「ファッション」から「メン・イン・ブラック」という名前が付けられた。現れるときは必ず2人、ないしは3人である。ただし、2人同時に口を開けてしゃべり、同時に瞬きをし、1人が殴られて倒れると他の人たちも倒れるという驚異のシンクロ率を見せることもある。

彼らは通常、電話による脅迫を多く行う。例えば、「事件のことを話したらまずいことになる」という脅迫の電話や、無言電話、工場のような雑音をバックにうめき声を延々と流し続けるなど、何としてでも事件を隠蔽しようとする。

とりわけUFO、宇宙人の写真や動画については、テレビ局の人物、軍の人物や実在しない架空の団体を名乗り、全てこちら側に渡すよう要求する。これに応じなかったり、コピーを取っていたりすると、留守宅の捜索をしたりして部屋を荒らしてまで持って行こうとする。ひどい時には殺害すらするという手段にも出る。

異常行動[編集]

メン・イン・ブラックは宇宙人の団体であるという説を唱える人は、人間とは思えないような行動を示すことをしばしば根拠として挙げる。ここではどんな異常行動を示すかを例示する。

  • タバコの吸い方を知らない
  • タバコを火をつけずスパスパする
  • 靴べらの使い方を知らない
  • インターフォンの使い方を知らない
  • スプーンの使い方を知らない
  • 話しかけられても呆然と見つめ返すだけ
  • 同時に動く
  • 一人が倒れると他の人(?)たちも同時に倒れる
  • 火を怖がる
  • 犬を怖がる
  • 声のピッチがおかしい
  • ニヤニヤする
  • 人間の言葉でしゃべる

このように、人間としてあり得ないような行動をするのである。なお、行動が異常であるばかりか、身体的にも、ユニセフの支援対象になるくらい痩せている人(?)や、左右の目を別々に動かせるという人(?)もいるらしい。

目的[編集]

UFO関連の物品を持ち去ろうとしていることから、UFOの存在を世間から抹殺しようとしているという目的を持っていると考えられる。また、本物のUFO写真や動画が世に出たとき、それにとてもにた動画を公表し、後でそれを「トリックでした」と大々的に発表することによって、本物の方の信用性を失墜させるという手法も取る。

彼らは一見すると異常行動を示す馬鹿たちかと思われるが、実は裏で抜け目なく物品を持ち去るという計算高さも持ち合わせている。

そればかりではなく、警察に「メン・イン・ブラックが出た!」と通報しても警察が来なかったり、来たとしてもその記録が残っていなかったりなど、政府機関も協力しているということが伺える。

人間か宇宙人か[編集]

見た目が人間であることは確かであるが、現在では宇宙人説のほうが有利であると言わざるを得ない。その根拠として、

  • 異常行動(上述)
  • 車が空中に消えたという目撃情報

がある。それに加えて、政府機関の者であれば、町中を歩いてもおかしくない体格の人を選び、入念に訓練し、偽造した身分証明書も本物そっくりに作るはずだからだ。事実、偽の身分証明書は材質が異なり、見る人が見れば一瞬で偽物だと分かるようなものである。

アメリカでは初めてメン・イン・ブラックが目撃されたとき、FBIが調査に乗り出したことから、政府機関ではなさそうである。しかし政府が何らかの形で関与している可能性が無いとは言えない。

真実[編集]

メン・イン・ブラックのの正体は、レティクr・・・ん?こんな時間に客か?

この節を書いた人は当局により粛清されました

関連項目[編集]