モウソウチク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モウソウチク」の項目を執筆しています。

モウソウチク(妄想竹)とは、竹の一種である。

由来[編集]

昔の中国の話である。ある所に親孝行な男が住んでおり、病気の母親を看病していた。ある日のこと、男は母親に好物のタケノコを食べさせてやりたいと思い立ち、林に入ってタケノコを求めた。しかし季節は雪の降りしきる極寒の冬、もちろん季節外れのタケノコなど出ているはずもなく、どこを探してもタケノコは見つからない。ところが、男の孝行の心が天に通じたのであろう。彼が祈るような思いで懸命にタケノコを探し続けると、たちまち雪が溶け出し地面からタケノコがニョキニョキと生えてきたのである。それで男は無事母親にタケノコを食べさせることができた。

しかし常識的に考えて、真冬にタケノコが取れるはずがない。つまりこのタケノコは男の妄想で、この話自体も妄想だったのである。そういうふうに思った心の穢れた人々により、その竹林の竹はモウソウチク(妄想竹)と命名されたと、今に伝わっている。

関連項目[編集]