モノレール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モノレール」の項目を執筆しています。
多摩都市モノレールの人造人間

モノレールとは、鉄道補完計画に伴って発明された、車両と称した人造人間とレールみたいなものを使ったちょぴっと新しい鉄道交通システムである。新交通システムとは違うらしいので注意。

概要・歴史[編集]

1925年頃に秘密裏に「鉄道補完計画」という計画が開始された。これは鉄道より建設費を安くするという新しい交通システムを考えるというものだった。鉄道は高速運転ができるが、敷地を確保する必要があるなど、建設費が高価なことが問題となっていた。 そこで新しい交通システムを開発しようという話になり、最終的に車両を人造人間にするということで整備費を浮かし、あとは空にレールっぽいものをひいて終わりということになった。尚、人造人間は常時電気を受けることにより永久的に動くことができる。

しかし世の中の人間どもは人造人間というものに恐怖を示したり(暴走したらどうするんだ等)、日照権があ〜だこ〜だ言って建設を拒否されたりして思うように建設が進まなかった。そして大阪交通電気博覧会において警察からいちゃもんをつけられたが懸垂式モノレールを一週間限定で運行し、世の中の人間どもに安全性をアピールした。

これで日本中に普及するかと思ったが、太平洋戦争でそれどころではなくなり、鉄道補完計画は凍結された。1955年頃に電子レンジでチンッ!と解凍され、1957年に上野動物園内にモノレールが開業した。その後少しずつ新規路線が増えていった。

方式[編集]

方式として、跨座式と懸垂式と大きく二つに分けることができる。

跨座式[編集]

跨座式(こざしき)とは、人造人間(車両)がレールにまたがってマウントポジションになって走行する方式である。跨座式とあるが、あくまでも沖縄の某市にはない。レールの上に乗っかって走るので人造人間に負担があまりかからない。大阪モノレールや東京モノレールなど。マウントポジションでメッタ刺しにはされないのでご安心下さい。

懸垂式[編集]

懸垂式(けんすいしき)とは、人造人間(車両)がレールにぶら下がって走る方式である。懸垂しながら走るので人造人間(車両)に負担がかかり、車体も屋根上を支点に揺れることから乗り心地には難がある反面、カーブの通過は振り子のように車体が動くためスムーズである。人造人間にはしっかり休養を取らせているが、湘南モノレールにおいて過労が原因で暴走した事例がある。 また、千葉都市モノレールは、世界一長い距離を懸垂しながら走ることができる人造人間を利用していることで、こっそりギネスに認定されている。 日本では学園系ラノベで頻繁に見られる。

走らせるには[編集]

まず車両が人造人間なので運転士は専用の資格が必要となる。どっかのアニメと違って意思のシンクロとかはほぼ不要。でもあまりにも意思が疎通できないと駅に上手く止まれなかったりする。最近では機械がシンクロして自動運転するケースもある。

暴走の危険性[編集]

車両は人造人間なので、過労やその他の原因により脳部が発熱、暴走することがある。暴走するとブレーキが利かなくなるので当然駅には止まれず、車止めに激突する。湘南モノレールにおいて人造人間5002号機が暴走し、他の人造人間に衝突しそうになるという事故が起きた。

人権上の問題[編集]

人造人間であり意識の大部分を封じて奴隷のように扱うことに一部から異論が上がっているが、事業者などからは「人造人間に意思は無い」という方針を取っている。これについては賛否両論であるが、結局誰も気にしない

日本の現在のモノレール[編集]

廃線になったモノレール[編集]

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「モノレール」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)