モラル・パニック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モラル・パニック」の項目を執筆しています。

モラル・パニックとは、厳重に良識を守ろうとした結果として訪れる恐慌状態を示す精神医学用語。

概要[編集]

モラル(=良識)とは、多くの人間にとって足枷であると共に行動規範である。故に遵守を求めて教育が行われるが、それが行きすぎて「道徳事業」とも呼ばれる営利目的でのモラル遵守を求めるまでに加速してしまうとそれに対して反作用が起こるようになる。

これは小動物が天敵に襲われた際に起こる行動爆発と同じで、本人の意思ではコントロール出来ず反作用が収まるまではどうにも出来ない。モラル意識によって抑圧された衝動は反モラル的な行動という形で発露しやすく、また「今まで我慢したのだから、ハメを外しても許される」という都合のいい解釈により規模が広がりやすい傾向にあるとされる。

セクシャリティ・モラル・パニック[編集]

現代社会において性衝動はアンモラルなものとして抑圧を求められるが、それにより性的なモラル・パニックが非常に起こりやすくなっている[要出典]。特に性衝動が強まる10代半ば以降の男女は、ふとしたきっかけで抑圧が限界を超え爆発的な反作用を生じる場合が多い。

特に好みでも何でもないが「/があればいい」として相手を押し倒した上、「そうそう当たるものじゃない」「一発だけなら誤射かもしれない」「どうせだし」「多分大丈夫」と都合のいい解釈をした結果大きなツケを払うハメになるケースが増加し社会問題となりつつある[要出典]

ただしこういった傾向を考慮し分析を行って、計画的な人生設計の一環として扱う上級者も存在するという。

モラル・パニック・エイジ[編集]

いわゆる「団塊の世代」はモラル教育意識が高い分、加齢により判断力が低下すると反作用によるアンモラル行為に走りやすいというデータが存在する。

「若い世代の方が間違っている」として暴論を振るう「暴走老人」の増加は2010年以降大きな社会問題となっており、彼ら彼女らが「今まで我慢したから」として我儘放題に老後をエンジョイする皺寄せは当然若い世代に押し付けられ、社会構造の不安定感を煽る要因となっている。

関連項目[編集]

やめられない、止まらない この記事「モラル・パニック」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)