モリイズミ (競走馬)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

モリイズミとは、日本中央競馬会およびフランスギャロに所属する牝馬競走馬である。馬主は世界的なファッションデザイナーである森引子。動物モデルとしても活躍している。

デビュー前[編集]

引子が何か趣味を始めたいと思っていた矢先に、スカイプ友人が馬を飼うことを薦めたことに端を発する。

引子はネット上の友人を頼りに複数の馬の当てを探した結果、見つかったのがこの馬である。出自は明らかにされていないが、北海道石狩地区の牧場とも、アメリカの牧場とも、はたまた慶應義塾大学馬術部が飼っていた馬とも言われているが、日本産まれであることは確からしい。イタリア統一運動時の騎兵隊が所有していた名馬の血統であるそうだ。

仲介者が軽井沢在住であったことから、そこの地域の名前を取り、この馬はモリイズミと名付けられた。

デビュー後[編集]

新馬戦、パドックでのモリイズミ (東京競馬場)。手綱を引く者は単なる事務員であり、騎手ではない。

モリイズミは新馬戦時より大いに注目を集めた。引子は実地に出向いての騎手とのギャラ交渉が億劫であったため手を着けず仕舞いでいた。このため、新馬戦においてモリイズミは騎手を乗せないまま出走することとなり、東京スポーツが報じて大いに話題となった。そして東京競馬場での運命の日―勝利は逃したものの、モリイズミは騎手を乗せた馬と全く遜色ない走りを見せ、全国の競馬ファンに戦慄が走ることとなった。

その後も引子はモリイズミに騎手を乗せない出走を続けさせた。というより、やはり億劫であったからである。勝利こそしなかったものの、引き続き他の出走馬と遜色ない走りをし続け、人気が低迷していたJRAに一石を投じる存在となった。

この頃から独身女性向け動物グラビア雑誌であるCanCamでの写真掲載も始まった。当誌ではその威風堂々としたさまから自立した女性の象徴と持て囃され、当時人気を二分していたモデルであるエビちゃんイリオモテヤマネコを超越する存在として読者に愛された。しかし一部の頭の固い人はモリイズミが人間に見えるようで、今日まで小学館に「周りはみんな可愛い動物なのに……人間が許されるのはなでしこちゃんだけよね!」という趣旨の抗議が途絶えたことは無いという[要出典]

世界的な活躍[編集]

モリイズミの名声は海外にも波及した。欧州では馬の中の馬と評され、史上かつてない理想の馬とされた。特にフランスでは競馬界のデデューとされて人気を独占し、日本でトップレベルの競走馬で無いにも関わらず、日本の競走馬としては初めて牝馬限定の国際GIレースであるオペラ賞へ出場することとなった。騎手無しでやはり他の出走馬と遜色のない走りを見せ、スタンディングオーベションを伴う大喝采を浴びた。

その後、この功績が認められ、日本生まれの牝馬で初めてフランスギャロに登録された競走馬となった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「モリイズミ (競走馬)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。